コラーゲンについての知識とコラム

コラーゲンについての知識とコラム

コラーゲンの知識

コラーゲンはお肌のハリや弾力を支える成分、もしくは美容成分としてのイメージが定着していますが、実は健康的な体作りにも欠かせない成分です。
コラーゲンを補給するのにサプリやドリンクを選ぶ上でも知っておきたい知識や情報も沢山です。

 

間違ったコラーゲンの捉え方はせっかくの美容習慣を底上げするのに損をしてしまいかねません。

 

こちらではそんなコラーゲンにまつわる豆知識や最新情報などをコラム形式でご紹介しています。

 

>>コラーゲンサプリおすすめランキングTOPページへ


コラーゲンの知識とコラム記事一覧

年齢と共に減少、もしくは劣化していくと言われている私達の身体の中のコラーゲンを食生活やコラーゲンサプリ、ドリンクで飲むなどして摂ろうとした時にどんな飲み方をしたら良いか?どうやって選ぶべきか?気になることが沢山です。こちらではそんなコラーゲンを飲む、摂るといった時の基礎知識をQ&A形式で解説、そしてより詳細に解説しているページをご案内しています。コラーゲンに関するQ&Aコラーゲンの効果や役割、種類...

コラーゲンサプリを毎日の習慣として摂る上で気になるのが、副作用や摂取量による体への影響などです。健康のために飲むわけですから、安全であるものを摂りたいというのが基本ですよね。こちらではコラーゲンサプリの摂り方や服用する上での注意点、サプリの形状によるデメリットなどをまとめています。コラーゲンサプリは健康食品まずコラーゲンサプリは医薬品ではなく、栄養補給を目的とした栄養機能食品などの健康食品に含まれ...

コラーゲンの元々の構造はアミノ酸の鎖3本がらせん状になっている繊維状のたんぱく質(構造たんぱく質)のことを言います。この状態(コラーゲン分子)が集まって私達の身体の中で皮膚や腱、軟骨、血管といった場所を形成、支える働きをしていますが、コラーゲンの変性は、このらせん状になった構造がほどけてしまうことを指し、このコラーゲンの変性が起きるとコラーゲンはゼラチンへと変わります。コラーゲンの変性が起きる仕組...

コラーゲンというと、お肌など美容に関わるイメージを持っている方は多いと思いますが、それはコラーゲンの働きの中では一部の役割、効果と言えます。身体の中でのコラーゲンの働きコラーゲンは身体の中のたんぱく質の約30%を占める存在で、繊維状タンパク質に分類されます。身体を維持する上で重要な成分です。コラーゲンはいくつかのアミノ酸で構成されているタンパク質の一種で、含まれるアミノ酸はグリシン、プロリン、アラ...

コラーゲンと美肌の関係はとても密接な関係と言えます。コラーゲンが肌に与えている効果には弾力を支えしなやかな肌を支えるクッション効果などがあります。また、スキンケア化粧品に含まれるコラーゲンは保湿成分として配合されているもので、肌の中に存在するコラーゲンを補給するというものではなく、肌の潤いを保つためのサポート役というのが目的となっています。肌を支えるコラーゲンの働き肌のコラーゲンは真皮層に存在して...

コラーゲンは私達の身体を支える重要なタンパク質の一つで、美容や健康維持にも必要とされています。そんなコラーゲンを補給したいと考えた時に便利なのがサプリメントなど健康食品での補給ですね。でもコラーゲンサプリって効果があるの?コラーゲンサプリにはどんなメリットがあるの?という疑問を感じている方も少なくないですよね。こちらではコラーゲンサプリを飲むメリットについてお伝えします。コラーゲンを食事から摂るよ...

コラーゲン、アミノ酸はともにタンパク質に分類されます。そして、コラーゲンはいくつかのアミノ酸が結合することで、コラーゲンとなります。アミノ酸はタンパク質の中で一番小さい分子で、このアミノ酸の鎖が3本連なった状態でらせん状になっているのがコラーゲンの構造となり、これらが集まって身体の様々な場所で身体を支えるために働いています。そのため、コラーゲンもアミノ酸も同じということではなく、アミノ酸の分子の結...

コラーゲンの多くは肌に存在していますが、それだけでなく、体の様々な場所で私達の健康維持をサポートしています。そんな身体の中で働くコラーゲンの種類と役割についてご紹介していきたいと思います。体内で存在しているコラーゲンの種類現在、体の中で働くコラーゲンの種類は約19種類存在すると言われており、約30種類の異なるポリペプチド鎖の組み合わせによって違いがあることがわかっています。そしてこれらを存在する場...

コラーゲンサプリやコラーゲンドリンクなどに配合されているコラーゲンの原料で多いのが、動物性コラーゲンと海洋性コラーゲンの2種類です。これらは原料の違いだけでなく、特徴が少し違うので、コラーゲンサプリメント選びでは重要なポイントになってきます。こちらではそんな動物性コラーゲンと海洋性コラーゲンの2種類の特徴とメリット・デメリットについてお伝えしていきます。動物性コラーゲンの特徴動物性コラーゲン(アニ...

これぞコラーゲン食材と言われるくらい知名度が高いのがすっぽんです。すっぽん鍋などは古くから元気をくれる料理として親しまれてきましたし、すっぽんを原料としたサプリやドリンクはとても多く、あと少し頑張りたい時、疲れを感じる時などにも摂る方が多いです。そんなすっぽんコラーゲンがコラーゲン食材としてだけでなく、コラーゲンサプリの原材料としてもおすすめの理由をお伝えします。すっぽんコラーゲンの特徴すっぽんは...

コラーゲンサプリをせっかく飲むなら、飲み合わせの相性も気にしてみるのもおすすめです。コラーゲン合成にも関わる栄養を一緒に摂ることで、実感に違いを感じられる場合があります。最近では、コラーゲンの吸収を意識したコラーゲンペプチドでコラーゲンを配合するだけでなく、その後のコラーゲン合成にも関わる栄養素をプラスすることで、飲んだ後の実感を高める工夫をしているサプリも増えていますので、知っておいて損は無いと...

私達の身体の中に存在するコラーゲンは無限ではなく、有限でしかも年齢と共に減少すると言われています。コラーゲンの減少はお肌のハリや弾力を失わせるだけでなく、健康的な髪や目、爪といった目に見える部分だけでなく、血管や臓器、骨や腱といった見えない部分の健康にも影響が出てきます。そのため、身体の中のコラーゲンを作る、増やすという意識は健康を維持し、若々しくいるためにもとても大切なポイントの一つです。コラー...

コラーゲンはお肌のハリや弾力を支えるのに働くというイメージですが、実は美しい胸を保つのにも関わっています。こちらではバストアップや胸のハリを保ちたい方のコラーゲンと胸の関係性についてお伝えしています。コラーゲンと胸ってどんな関係があるの?コラーゲンは肌の弾力・しなやかさを支える成分コラーゲンは顔の肌と同様に身体全体の皮膚の真皮層に存在しています。その働きはみなさんもご存じのように肌の弾力やハリ、し...

コラーゲンは年齢を重ねると減少していくと言われている成分です。その量は20代をピークに減少し、さらに40代になるとその減少スピードは速まることから、若々しい肌を保つ、健康的な体を維持する上でもコラーゲンを補うことは大切なポイントになってきます。栄養バランスに配慮しながらコラーゲン食材を摂るコラーゲン量が多い食材は沢山あります。例えば、豚や鶏の皮や軟骨といった部分、さらに魚介類ではフカヒレがとても多...

よくコラーゲン配合の化粧品やコラーゲンサプリなどの表示で、高分子コラーゲンや低分子コラーゲンといった記載を見かけますよね。これはコラーゲンのサイズを表していて、それぞれ特徴が違います。どちらが優れているということではなく、利用方法によって働きが違うというのが基本です。高分子コラーゲンとは?高分子コラーゲンは一般的なコラーゲン食材に含まれるいわゆる自然なコラーゲンのサイズとも言えるコラーゲンです。コ...

コラーゲンは量の違いはあるものの、私達の身近な食材にも含まれています。そして私達は意識せずとも、毎日の食事でコラーゲン、そしてコラーゲンの素となる栄養を摂りながら、体の中でコラーゲンを作っています。年齢を重ねると身体の中のコラーゲンは減少していくと言われていますので、サプリメントなども良いですが、まずは毎日の食事の中からコラーゲンを摂りながら、健康的な体作りの基礎を作ることが大切ですね。そんなコラ...

コラーゲンは若々しい肌を保つのに欠かせない成分というイメージが一般的ですが、それ以外にも様々な場所で働いています。そんなコラーゲンが不足してしまうと身体にも影響は少なくありませんし、不調にも繋がる場合もありますので、注意したいですね。肌の不調・シワ・たるみの原因一番有名なのが、お肌への影響ではないでしょうか?コラーゲンは身体の中では約7割が肌に存在しています。そして肌を構成するうちの一つ真皮層で、...

コラーゲンというと多くの方が身体の内側で働く成分というよりも、お肌にとって大切な成分、もしくは化粧品に配合されている成分というイメージを持つ方が多いです。そんなコラーゲン配合の化粧水などの化粧品は、食事やコラーゲンサプリから摂るのとは違う働きをしています。化粧水など化粧品に配合されているコラーゲンの役割・効果一般的な化粧水などのスキンケアのための基礎化粧品に配合されているコラーゲンは高分子コラーゲ...

忙しかったり、寝不足になると目立つことがある目のクマはできてしまうと目元の印象を暗くしてしまいますし、ファンデやコンシーラーなどメイクでカバーするのも大変ですよね。しかも目のクマの種類によっては老け顔に見える原因にもなります。そんな目のクマの中でコラーゲンとの関係がある種類のクマがあります。特に年齢を重ねてからクマが目立ち始めたという方は注意が必要かもしれません。コラーゲン不足と関係があるクマの種...

コラーゲンはスキンケア化粧品の成分として有名ですが、コラーゲンを配合したシャンプーも販売されています。コラーゲンは育毛など健康的な髪を作るのにも関わっている成分でもありますが、シャンプーに配合されているコラーゲンにはどのような働きが期待できるのでしょうか?シャンプーに配合されるコラーゲンの働きシャンプーに配合されるコラーゲンはその保湿効果を活かして髪や頭皮の表面の保湿をサポートし保護する役割が基本...

せっかくコラーゲンを食事やコラーゲンサプリ、ドリンクやパウダーなどで摂るなら、効率良く吸収してほしいですよね。料理で準備をしたり、サプリメントを購入しているわけですから、期待した違いや良さを感じたいものです。そんな身体に摂り入れたコラーゲンを効率良く吸収させるには一緒jに食べる食材、栄養の他に腸内環境が整っていること、そして摂るタイミングを意識することで、より効率良く吸収させることが期待できます。...

美容のためにコラーゲンを摂ろうと考える方は多いと思います。その中で気になるのがコラーゲンのカロリーってどれくらいなのかという点ですよね。例えば、ダイエットも一緒に頑張っている場合、摂取するカロリー量は気になります。また、コラーゲンサプリなどは太るという声もあります。実際にコラーゲンはカロリーが高いのか?という点についてお伝えしていきます。コラーゲン自体のカロリーは高くないコラーゲンはタンパク質の一...

健康や美容のサポートとしてコラーゲンを摂ろうと考えた時に、1日の摂取量ってどれくらい摂れば足りるの?というのが気になりますよね。通常の栄養素などは厚生労働省が1日に補うべき摂取量の目安というのを公表していますが、コラーゲンは実際どれくらいの摂取量を目安とするべきなのでしょうか?1日に必要なコラーゲンの量コラーゲンは他の栄養素と違い摂取量目安というのは定められていません。コラーゲンはたんぱく質の一つ...

コラーゲンは年齢と共に減少すると言われていますが、それ以外でも身体の中で働くコラーゲンに悪影響、もしくは減少の原因にもなる気をつけたいNG習慣があります。せっかく美容や健康のことを考えてコラーゲンを意識した生活をするなら、コラーゲンを摂るというだけでなく、働きを邪魔しない、そして減少させない生活も重要です。コラーゲンの働きに関わるNG習慣|糖化コラーゲンの働きを妨げる原因に糖化と呼ばれる現象があり...

コラーゲンは私達の身体の様々な場所で働くタンパク質の一つで、コラーゲンが直接的な原因による副作用と言われる症状は報告されていません。ただ、コラーゲンサプリやドリンクなどを飲み始めてばかりの人がお通じの調子が変わったと呼ばれる便秘の症状を感じた方の声も稀に聞かれますよね。実際にコラーゲンを摂取することで便秘の原因になるのか?考えられる要因について解説したいと思います。コラーゲン摂取によって表れる便秘...

ビタミンCはコラーゲンと相性の良い栄養素として知られていて、身体の中でコラーゲンを増やすのに欠かせない栄養素の一つとなっています。こちらではビタミンCとコラーゲンの相性が良い理由と深い関係性についてチェックしていきましょう。ビタミンCとコラーゲンの相性が良い理由まずビタミンCの働きには紫外線によるメラニンの生成を抑える働きニキビ予防毛穴の引き締め代謝の促進といったお肌にも関わる働きを持ち、抗酸化力...

化粧品などお肌への美容効果が高いことで知られるコラーゲンとヒアルロン酸ですが、この二つは身体の中でも重要な役割を果たしています。この二つの働きの違いや役割を理解することで、化粧品やサプリメント選びなどのプラスにもなります。コラーゲンとヒアルロン酸の関係性コラーゲンとヒアルロン酸の身体の中での役割を見てみるとコラーゲンは真皮層で繊維状に張り巡らされ弾力やしなやかさを支える骨や血管、臓器などの弾力性を...

コラーゲンの働きには血管をしなやかに弾力性のある状態を保つ役割もあります。そのため、動脈硬化などの血管の疾患の予防の面でも重要な関わりがある成分とされています。そのため高血圧の方にとってもコラーゲンは関係があるということになります。美容面だけでない、命に関わるテーマですので気になりますよね。では実際にコラーゲンと動脈硬化との関係、そして動脈硬化を予防や改善するためのポイントをチェックしていきたいと...

コラーゲンサプリやドリンクを摂るとコレステロール値があがるという声を聞いたことがあるかもしれません。これにはいくつかの説がありますが、実際にはどのような影響があるのか?気になりますよね。そんなコラーゲンとコレステロールの関係についてのお話です。コレステロールの基本コレステロールとは体内でタンパク質と結びつき、水溶性となって血中に存在しながら運ぶ役割や脂肪の消化吸収に必要な胆汁酸の原料にもなる脂肪で...

年齢を重ねると足腰の関節の動きが鈍くなったり、痛みを感じることが増え始めたという方は多いです。年配の方で病院にかかる内容の内、膝痛や手首痛といった関節の痛み、ヘルニアなどの腰の痛みで整形外科に通院されている方はとても多いです。また、年配だけでなく、30代以降の年代の方でも慢性的な腰痛を感じている方も多いですよね。例えば、整形外科では外部からの直接的な治療、今の痛みに対しての治療を行うことは可能です...

私達の身体には外部から侵入する細菌・ウイルスなどの異物に対する防御機能として免疫力が備わっています。この免疫力が保たれていることで、健康的な体を維持する生命を守る根本的な部分を支えているわけです。そしてコラーゲンは細胞の修復にも関わり、さらに免疫細胞のマクロファージやリンパ球の働きの活性化にも影響があることが分かっています。美容面での効果がクローズアップされるコラーゲンですが、このような健康面の効...

ほうれい線は年齢を重ねると気になりだす、年齢肌サインの一つです。通常のスキンケアを行っていても中々消えずにコンプレックスになっている方も多いですよね。そんなほうれい線の原因の一つにコラーゲン不足、減少というのが挙げられます。こちらではほうれい線に関わるコラーゲンの働き、そしてコラーゲンを用いた美容分野のほうれい線解消効果についても触れています。コラーゲン不足とほうれい線の関係とは?コラーゲンは肌の...

アロエは昔から保湿力に長けた食材として、さらに美肌作りにも嬉しい働きが期待できるとして化粧品や健康食品の分野でも人気です。最近ではアロエを摂ることでコラーゲンを増やせるという表現も増えているため、年齢によるコラーゲン減少の鍵として注目されています。そんなアロエとコラーゲンの働きについての関係性とはどのようなものがあるのでしょうか?アロエの特徴・効果アロエに含まれる成分は肌を健やかに保つのに役立つ作...

女性は日々の生活や加齢によって女性ホルモンの分泌に影響があるタイミングがあります。毎月の月経やストレスや睡眠不足による影響、さらに妊娠・出産、年齢と共に訪れる更年期による影響など様々です。そんな女性の健康や美容に深い関わりのある女性ホルモンとコラーゲンの関係性について見ていきましょう。コラーゲン不足に繋がる女性ホルモンのバランス・分泌女性ホルモンはプロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンとエストロゲン...

コラーゲンサプリに限らず、健康食品や栄養補助を目的としたサプリメントは毎日の食事と共に身体に取り入れ分解、吸収を経て身体の細胞の原料として使われます。そのため、サプリメントも安全で安心して飲めることというのはサプリ選びの比較ポイントでも重要です。そんな原料の安全性が重要視される中で、コラーゲンサプリも国産のサプリが安全だという声が多いですし、選ばれている傾向にあります。その理由についてご紹介してい...

エステサロン発で広がったコラーゲンマシンは日焼けマシンのようにカプセルの中に入り特殊な光を浴びるだけで身体のコラーゲン生成を促すことが期待できるとして、巷で話題となった、いわゆる美容機器です。もし光を浴びているだけでコラーゲンが増えるならそんな楽なことはありませんよね。そんなコラーゲンマシンは実際にコラーゲンを増やすのに効果的なのか?その仕組みや期待できる効果、そして試した人の口コミを調べてみまし...

ロコモとは正式名「ロコモティブ・シンドローム(運動器症候群)」と呼ばれる症状で、近年では新時代の生活習慣病とも呼ばれるほど、私達にとって縁遠くはない症状です。ロコモは変形性関節症や骨粗しょう症といった加齢に伴い生じる症状とも関係が深く、これから少子高齢化社会を迎える日本にとってはメタボ、認知症といった健康寿命の短縮を招く症状と共に国民病にもなりえる症候群と言われています。ロコモの症状と原因ロコモは...

コラーゲンを補給する時には食事やコラーゲン配合のサプリで摂る方法があります。でも、もっと美味しく食べるのが楽しくなるのが、コラーゲンを使ったスイーツでの補給です。コラーゲンはスイーツ・デザート・お菓子の形やアレンジなどにも使用されることも多い材料で、コラーゲンドリンクやコラーゲンゼリー、コラーゲンパウダーなどはスイーツに取り入れやすく自作スイーツにもおすすめです。スイーツ大好き女子の方は美味しく美...

見た目がちょっと不思議ですが、中華料理などの材料としても使用されているクラゲはその身体を作るほとんどが水分で出来ていて、しかもその身体を構成している有機物の中ではコラーゲンが一番多く含まれる、いわゆるコラーゲン食材としてもかなり優秀です。クラゲに含まれるコラーゲン量・コラーゲンの特徴まずクラゲは見ての通り、半透明で水分を多く含む生物で、全体の95〜97%が水分で占められています。そして残りが塩分と...

肌の水分量を保つの力が弱く、うるおいが不足した状態の乾燥肌。普段、メイクをされる女性だけでなく、小さなお子さん、男性、年配の方までが感じることがあるお肌の状態です。この乾燥肌(ドライスキン)は皮脂の分泌量の低下、角質細胞間脂質(セラミドなど)の減少によって肌表面でバリア機能を担っている角質から水分が失われやすく、水分量自体が低下している状態です。そしてコラーゲンが存在している真皮層は角質層の下にあ...

フィッシュコラーゲンは今までコラーゲンというと、豚や牛、鶏といったいわゆる動物性コラーゲンが主流だった中で、近年では動物性コラーゲンよりも優れている点があるということで、コラーゲン原料として採用されることが多いコラーゲン原料の種類です。コラーゲンサプリに使用されるコラーゲンにもフィッシュコラーゲン配合などと記載されていることが増えてきています。こちらではフィッシュコラーゲンにはどんな特徴があり、動...

コラーゲンを配合している化粧品のコラーゲン原料は動物性コラーゲン(アニマルコラーゲン)が一般的ですが、これ以外にも植物性コラーゲンというコラーゲンも原料として使用している商品を見かけるようになりました。コラーゲン原料には動物性コラーゲン、海洋性コラーゲン(マリンコラーゲン、フィッシュコラーゲンなど)があるなら植物性タンパク質もありますし、植物性コラーゲンもありそうですが、実際にはどんな特徴を持って...

身体の中のコラーゲンと身体の疲れを取るという点に関する関係性は、実は遠くはありません。というのもコラーゲンは身体の皮膚だけでなく骨や軟骨、血管、臓器、腱などにも存在していて、これらは毎日少しづつ細胞が生まれ変わっています。コラーゲンの劣化は存在する場所の強さやしなやかさ、弾力といった点の劣化を生みやすい他、身体の中のキズなどの修復にも影響しています。また、コラーゲンは代謝にも関わっているため、健康...

加齢と共に目立ち始めるシミのお悩みは、エイジングケアの面でも何とかしたいお肌のお悩みと言えます。30代、40代になって美白スキンケアに取り組んでいる方は、外側からのお手入れだけでなく、体の内側からのケアも大切です。こちらではコラーゲン補給をしながら、シミの対策など美白にも役立つコラーゲンサプリの選び方について見ていきましょう。シミと紫外線の関係美白の基本は紫外線対策ですが、この紫外線を浴びた時に身...

コラーゲンサプリでコラーゲンを摂る中で、日々の習慣ではなく、ちょっとお肌の調子が良くない、肌荒れしている、疲れ気味という時の栄養補給にコラーゲンサプリを摂ることもあります。そんな時には翌日に違いを感じさせてくれるような即効性が期待できるサプリを選びたいと思いますよね。コラーゲンサプリにはタブレット、ドリンク、ゼリー、パウダーといった形状の種類があります。その中で、即効性が期待できる種類はどのサプリ...

プロテオグリカンは身体の中で働くタンパク質に糖が結合した糖タンパク質の一種です。タンパク質を指しプロテオと多糖類を意味するグリカンが合わさり、プロテオグリカンと呼ばれています。近年では化粧品では潤いをサポートする保湿成分として、健康食品の分野では軟骨成分として注目されており、多くの商品に含まれるようになりました。また、医薬品にも使用されています。身体の中でのプロテオグリカンの働きコラーゲンやエラス...

お腹やお尻、太もも、足といった場所にできる肉割れは体重の増加などによって、皮膚が引っ張られてしまい、赤や白い線状に跡がついてしまう状態です。主に成長期、肥満など体重増、妊娠によって、できることが多いです。ダイエットに成功したけど、くっきりと肉割れができてしまったという経験をされた方も多いのではないでしょうか?一度できてしまうと改善するのが大変な肉割れ線ですが、実は身体の中のコラーゲンとも関係があり...

目元の印象を老けさせてしまう原因として目元の小じわやたるみというのがありますね。特に目元のたるみは顔の印象がゆるみ、ハリの無い印象を与えてしまう女性にとって悩みの種です。目元のたるみには肌の乾燥による水分不足が原因でおきる小じわによるものと、皮膚自体を支える真皮層のコラーゲン減少、不足といった影響によるものがあります。そのため目元のたるみとコラーゲンはとても深い関係があることになります。目元のたる...

日々の美容や健康のサポートととして利用されているコラーゲンサプリに含まれるコラーゲンの原料はいくつか種類があります。最近のコラーゲンサプリは低分子のコラーゲンペプチドとして配合されていますが、その中でも原料には違いがあります。人によってはアレルギーなどもあるため、毎日飲むサプリメントの原料は気になりますよね。コラーゲンサプリの主なコラーゲン原料には動物由来である動物性コラーゲンと魚などに由来する海...

ニキビは思春期のお肌の悩みでは1番多く、大人になってからも悩んでいる方が多い肌トラブルの一つです。キレイに治さないとニキビ跡として残ってしまい、消すのも大変です。そしてコラーゲンはお肌を支える重要な成分ですので、ニキビ対策にもコラーゲンは関係している点があります。数あるニキビ対策の一つとしてコラーゲンとの関係や影響を理解してキレイな肌を目指しましょう。ニキビの主な原因についてニキビの主な原因は皮脂...

年齢を重ねると共に感じる、身体やお肌の衰えは、女性らしさという面の印象にも影響が大きいです。30代後半、40代に入ると、使用する化粧品もアンチエイジングを意識した化粧品に変わるように、体の内側からもエイジングケアが若々しくいるためには欠かせない要素です。そしてそんな若々しくいるためのエイジングケアにもコラーゲンは重要な役割を果たしています。コラーゲンとエイジングケアの関係・影響についてコラーゲンは...

キレイな手の印象を与えるのは肌と爪が影響していますよね。手荒れなどはクリームなどを使用することで、セルフケアができますのが、爪はいまいち適切なケアがわからない場所でもあります。さらに年齢と共に爪も老化すると言われており、爪のトラブルも増えてしまいます。そんな爪の老化に対してコラーゲンはどのような関係があるのでしょうか?健康な爪を作るのにコラーゲンは関係がある?爪とコラーゲンってどんな関係があるの?...

プラセンタは近年、美容面や女性の健康維持のサポートとして、注目の成分の一つです。特にエイジングケアの分野では若々しさを保ちたい方に愛飲されている方が多いです。コラーゲンとプラセンタはどちらも化粧品やサプリメントがあり、女性にとってのサポート役として役立ってくれますが、この二つにはどのような違いがあるのか?化粧品やサプリメントで摂る場合のメリットについてご紹介したいと思います。コラーゲンの主な特徴コ...

コラーゲンは身体の様々な場所で働く、基礎とも言える成分で、弾力性・しなやかさだけでなく、新陳代謝を促進、伝達物質としての働きなど、実に様々な役割を担っています。そしてポリフェノールはそんなコラーゲンを劣化・老化から守るのに役立ってくれる若々しい身体を保つのにも働いてくれる成分です。この二つは相性も良く、日々の生活の中で補いたい成分でもあるので、その特徴を理解しておきましょう。こちらではポリフェノー...

敏感肌の方は日々の生活の中でも肌にダメージを受けやすく、使用する化粧品なども限定されてしまうことも多い、悩み深いお肌のトラブルです。生まれつき敏感肌(アレルギーやアトピーなど)の方も居れば、日々の生活の影響などで肌の調子が悪くなり、敏感肌になってしまう方もいます。敏感肌対策の基本はスキンケア化粧品などによる保湿ケアが重要ですが、それ以外に肌の内側からのケアも欠かせません。コラーゲンも敏感肌対策に関...

身体の中のコラーゲンを増やすには、コラーゲン合成の材料となるタンパク質(アミノ酸)やビタミン、ミネラルを摂る食事による栄養補給が基本です。そして他にもコラーゲンを直接摂るいう方法が一般的ですよね。特にコラーゲンサプリやドリンクなどは手軽ながら豊富なコラーゲンを補給できることで人気ですが、このコラーゲンを経口摂取することに対して効果があるのか?無いのか?という点で意見は分かれています。こちらではそん...

肌の真皮層を支える成分として有名なのがコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった美容成分としても知られる成分ですが、繊維芽細胞はこれらの生成を行う細胞です。コラーゲンを作る・増やすといった表現がありますが、実際には線維芽細胞が活性化することで産生されていくというのが正しいです。そんなあまり知られていない線維芽細胞の特徴についてお伝えします。繊維芽細胞の特徴線維芽細胞は皮膚の機能を保つ上で最も重要...

コラーゲンは肌の弾力やハリを支える成分として有名ですが、エラスチンもコラーゲンやヒアルロン酸と共に真皮層を支える成分です。特にエラスチンは肌の伸縮性に関わる成分ですので、減少することで、肌のシワやたるみの原因にも繋がります。エラスチンの特徴エラスチンは弾性線維と呼ばれるタンパク質です。真皮層では約2〜5%を占め、他にも靭帯、動脈、肺などにも存在しています。靭帯では80%ほど、動脈では約50%を占め...

コラーゲンサプリはテレビCMでも宣伝されているように、有名メーカーがいくつかの商品を販売しています。製薬会社を始め、健康食品メーカーなど様々な特製を兼ね備えたサプリメントがあり、Amazonや楽天などのネットショップでなくても多様なサプリが購入できます。有名な商品を簡単にご紹介するとエーザイの美チョコラコラーゲンやアサヒフードアンドヘルスケアが販売しているディアナチュラ低分子コラーゲンなどがありま...

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る