コラーゲン エイジングケア

コラーゲンはエイジングケアに欠かせない要素|経口摂取の効果は?

コラーゲン|エイジングケア

年齢を重ねると共に感じる、身体やお肌の衰えは、女性らしさという面の印象にも影響が大きいです。
30代後半、40代に入ると、使用する化粧品もアンチエイジングを意識した化粧品に変わるように、体の内側からもエイジングケアが若々しくいるためには欠かせない要素です。

 

そしてそんな若々しくいるためのエイジングケアにもコラーゲンは重要な役割を果たしています。

 

コラーゲンとエイジングケアの関係・影響について

コラーゲン|エイジングケア

コラーゲンは真皮層で繊維状に張り巡らされ、土台として肌を保つという美肌に関わるイメージが定着していますが、肌だけでなく、骨や関節、軟骨、血管、内臓といった様々な組織の生まれ変わりや維持に関わっています。

 

そのため、コラーゲンが不足、劣化してしまうと健康な身体の組織が作られず、脆くなったり、質が低下していく恐れがあります。

 

コラーゲンとお肌のエイジングケア

コラーゲンは真皮層でコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸やプロテオグリカンなどの成分、そして線維芽細胞と共に肌の弾力・水分を蓄え潤いのある状態を保ち、さらに角質層などの表皮に対して栄養を送る伝達や新陳代謝を促して健康的な肌作りをしています。

 

特にコラーゲンは真皮層の中で最も多くを占めていて、コラーゲンが十分にあることで、これらを繋ぐエラスチンやヒアルロン酸などが、隙間なく張り巡らされることにもなります。そのため、コラーゲンが不足、もしくは劣化といった状態になると真皮層の密度も低下し、外部からの刺激や負荷に影響を受けやすくなる他、弾力を保つひっぱる力が低下することで、たるみやしわといった肌のお悩みとしても繋がります。

 

コラーゲンの働きには細胞同士を結び付け・支える・他の組織との境界を作るといった働きがあり、基盤となる成分です。

 

コラーゲンと健康な髪を保つ関係

また、肌は目に見える場所だけでなく、頭皮も同じです。コラーゲン不足や劣化した状態の肌は毛根などを支える働きが弱まり、新陳代謝が停滞することで、頭皮環境にも影響があり、乾燥しやすくなるなどのトラブルにも繋がります。

 

また、コラーゲンによって栄養や酸素の伝達が促されることで、健康な頭皮環境を作る働きもあるため、ハリやコシのある美髪を保つのにコラーゲンは重要となります。

 

>>コラーゲンは髪にも良い?
>>コラーゲンは育毛にも役立つの?

 

コラーゲンと骨や軟骨・血管のエイジングケア

エイジングケアというと、美しさに目が行きがちですが、もっとも重要なのは健康な体の維持を年齢に応じたケアを行うことです。
加齢と共にコラーゲンやヒアルロン酸、プロテオグリカンといった骨や軟骨と関係の深い成分は減少、もしくは劣化することが分かっていて、少しづつ骨の強度や密度が低下、すり減った軟骨の修復が遅くなっていきます。

 

そのため、年齢を重ねると、動きが鈍くなったり、関節を伸ばす、曲げるといった行動を取ると痛みがあるといった症状を感じやすくなります。

 

また血管年齢にもコラーゲンは関わっていて、コラーゲンが不足した血管は柔軟性が失われ硬く伸び縮みが衰え、血圧などにも影響していると言われています。
他にも血管の修復にもコラーゲンは関わっているので、コラーゲンが不足した状態は健康的な身体を保つよりも衰えのスピードが勝ってしまうことになります。

 

>>コラーゲンと関節の関係
>>コラーゲンと動脈硬化予防の関係
>>コラーゲンと免疫力について

 

エイジングケアは外側からだけでなく内側からもケアすることが大切

コラーゲン|エイジングケア

エイジングケアとは、年齢を重ねていくうちに身体の機能を保つ働きが少しづつ、失われていき衰える状態を、その年齢に応じたケアを生活習慣や食生活の中で行うものです。

 

そのため、スキンケア化粧品によるお手入れも大切ですが、身体自体を作る上で重要な内側のケアを行うことで、コラーゲンなどの減少だけでなく、細胞の老化のスピードを緩やかにして、年齢に応じた状態をキープすることができます。

 

若々しくいるというのは身体の細胞が元気で活発ということですので、これらを保つのは身体の中がしっかりと元気である必要があるということがわかります。

 

スキンケアの面でのエイジングケア

コラーゲン|エイジングケア

年齢による肌の衰え、例えば、乾燥、くすみ、シミ、たるみ、しわなどがありますが、これらも根本的な原因は肌を構成している真皮層や角質層などに含まれる成分の減少や劣化によるものです。

 

若々しく元気な細胞や成分で満たされているうちは、多少の無理をしても身体自体が回復するスピードも速く、新陳代謝もスムーズです。
対してエイジンケアが必要な年代は外部からの影響も長年蓄積しており、影響も受けやすく、さらに肌の細胞や成分が不足し、さらに劣化してきている状態です。

 

そのため、20代の時と30代では必要なお手入れは変わりますし、30代と40代、50代とでも、同じ成分を与えるのでも必要な量が変わってもきます。

 

エイジングケアのための紫外線対策

肌のエイジングケアをする上では紫外線対策は必須と言えます。紫外線にはシミの原因メラニン色素などを作るのに関わりが深い紫外線B波と真皮層にまで達してコラーゲンやエラスチンにダメージを与える紫外線A波があります。

 

どちらもエイジングケアという点では避けたいものですので、ちょっとしたおでかけなどでも紫外線対策として日焼け止め、UVクリーム、UVカットの下地などを使用して、紫外線を浴びないことを意識することで、紫外線による肌の老化を軽減させることに繋がります。

 

特に紫外線を浴びることで発生する活性酸素は老化の原因となり、酸化してしまうことによって身体はサビてしまいます。
これらを防ぐことがポイントになってきます。

 

保湿ケア

肌の乾燥は様々な影響があり、潤いが失われることで、角質層の乾燥小じわなども起きやすくなる他、水分を保つ力が弱まることで、肌の機能自体の低下にも繋がり、表皮の本来の働きであるバリア機能が低下してしまいます。

 

肌のハリやうるおい、ツヤといった点は角質層が十分にうるおいを留めておけることが大切ですので、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿をサポートする成分でしっかりと保湿力を高めましょう。

 

エイジングケア成分の補給

十分な保湿をしながら、エイジングケアという点を意識した美容成分を取り入れるのがおすすめです。
特にビタミンC誘導体、レチノール(ビタミンA誘導体)、さらにヒトオリゴペプチドなどのEGF・FGFといった細胞の分裂などを活発にする成長因子を含んだスキンケア化粧品は肌の保湿だけでなく、角質層の状態を高めるのに役立ち、ターンオーバーサイクルを安定させるのにも働いてくれます。

 

コラーゲンサプリによる経口摂取はエイジングケアに効果があるの?

コラーゲンサプリ|エイジングケア

コラーゲンとエイジングケアは密接な関係があることがわかりましたが、実際にコラーゲンを増やしたいという時にコラーゲンサプリの存在が気になりますよね。

サプリメントは身体の中に取り込まれることで胃で分解され腸管で吸収され血中に取り込まれて体中の様々な場所で必要に応じて新たな組織や細胞の材料として使われます。

 

ですので、コラーゲンサプリを飲んだからといって直接コラーゲンを作るのに使われるわけではないというのが基本です。
ただし、コラーゲンサプリの種類にはコラーゲンだけを補給するタイプの他に、原料自体にコラーゲンや他の栄養素をバランス良く含んだものがあります。(すっぽんが有名ですね)

 

この場合、コラーゲンに加えて、原料に含まれるアミノ酸やビタミン・ミネラルなども一緒に摂ることができるため、栄養補給として日々の食生活の偏りを補ってくれます。
アミノ酸は様々な体の組織を作る基礎とも言える栄養ですので、これらも一緒に摂ることができるコラーゲンサプリはエイジングケアの面でも有用な働きが期待できます。

 

線維芽細胞に働きかけるコラーゲンペプチドの働きが注目されている

コラーゲンサプリ|エイジングケア

ただ、それなら他のサプリメントでも良いのでは?という考えにもなります。実際にコラーゲンサプリは効果が無いという意見も多かったのですが、近年の研究と技術の進歩によって、コラーゲンの低分子化が進み、コラーゲンペプチドが登場しました。これは胃の中で分解され、アミノ酸(コラーゲンはアミノ酸がいくつか結合した組織)になる一歩前のペプチドの状態と同じくらいのサイズと言われており、分解や吸収がスムーズであるだけでなく、研究によってアミノ酸にまで分解されずにコラーゲンペプチドの状態で吸収され血中に取り込まれたという結果も出ています。

 

そしてコラーゲンペプチドのままで取り込まれたことによって、肌の場合には真皮層でコラーゲンなどを生み出す線維芽細胞に働きかける作用が期待できるとされており、結果的にコラーゲン合成にも有用な点があるという考えが出てきています。

 

実際に研究結果ではコラーゲンペプチドを摂取した群とプラセボ群を比較した時にコラーゲンペプチドを継続摂取した群の肌の水分量が増えたというデータもあり、今後もコラーゲンペプチドの有用性については研究が進められると言われています。

 

そのため、エイジングケアの一環としてコラーゲン補給をコラーゲンサプリで行う場合にはコラーゲンペプチドのサプリを継続していくことが基本とされています。

 

コラーゲンケアは若返る肌作りの基礎

コラーゲンがお肌の土台である以上、この土台が健康であることは、若々しい肌には不可欠です。
化粧品でのお手入れは角質層のケアによって外部からの刺激から肌を守るというのが基本です。

 

そして身体の内側からコラーゲンを劣化させないために線維芽細胞を活性化させる栄養を補給して保つことでコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチン、プロテオグリカンなどの生成を保つことに繋がります。

 

エイジングケアというとどうしても化粧品によるお手入れに目が行きがちですが、肌を作るのは身体の内側ですので、これらの細胞や組織を健康に保つ意識は若返る肌作りでは重要なポイントといえます。

 

まとめ

コラーゲンサプリ|エイジングケア

エイジングケアをする上でコラーゲンの強化や維持はとても大切だということがわかりました。

エイジングケアは年齢を重ねてから行うというよりも、日々の中で健康維持のために心がけたい生活習慣とも言えます。

 

特に日々の食生活や睡眠といった基本は、健康維持の観点でも重要ですので、まずは規則正しい生活を送った上で、足りない栄養を補うことで若々しくいるための土台作りになります。コラーゲンサプリもその一つだと言えますので、食事と共にうまく取り入れていくのがおすすめです。

 

>>コラーゲンサプリおすすめランキングTOPページへ


このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る