コラーゲン 便秘

コラーゲンの摂りすぎは便秘になる原因?

コラーゲン|便秘

コラーゲンは私達の身体の様々な場所で働くタンパク質の一つで、コラーゲンが直接的な原因による副作用と言われる症状は報告されていません。
ただ、コラーゲンサプリやドリンクなどを飲み始めてばかりの人がお通じの調子が変わったと呼ばれる便秘の症状を感じた方の声も稀に聞かれますよね。

 

実際にコラーゲンを摂取することで便秘の原因になるのか?考えられる要因について解説したいと思います。

 

コラーゲン摂取によって表れる便秘の症状の原因

コラーゲンサプリなどに含まれるコラーゲンによって重篤な副作用というのは現在まで報告されておらず、食用としての歴史も古いため、安全性は高いというのが基本です。

注意したいのは水分の摂り方

コラーゲン|便秘

コラーゲンサプリやドリンクは健康食品ですので、薬のような副作用というは当てはまりませんが、食べ物などを食べた時にも内容によっては便秘などに繋がるケースもあります。

 

この中でコラーゲンサプリやドリンクでコラーゲンを摂った時に起きうる状況としては身体の中に取り込まれた高濃度なコラーゲンが急増えることによって、水分を抱え込む性質があるコラーゲンによって腸内の水分を引き寄せ、水分不足のような状態となり、腸のぜんどう運動が通常と違う状態になることで、お通じの調子が変わるというのが一つの要因とされています。

 

コラーゲンを吸収するためには水分が必要になるため、腸内の水分量が少なくなるため、便が固くなるというわけですね。

 

ただし、この点についてはコラーゲンは胃の中で分解され多くはアミノ酸にまで分解されるため、通常の食べ物と同じような状態にまで分解された後に吸収されます。
そのため、コラーゲンが直接的に腸内に影響を与えているということを確定付けはされていません。

 

ですが、日々の食生活や生活の中での水分不足は便秘の原因になるので、サプリメントなどでコラーゲンを摂る場合にはしっかりと水分補給を行い、腸内の水分不足を防ぐことで、便秘の可能性を減らすことにも繋がる場合もあります。

 

コラーゲンサプリを飲んで便が固くなったと感じる、お通じの調子が変わったという時には水分補給を意識的に行ってみて、実際にお通じの調子の変化があるかをチェックしてみましょう。

 

コラーゲンを摂る前の食生活や生活習慣もチェック

コラーゲンサプリやドリンクによる高濃度なコラーゲンを摂取することで、腸内の水分不足が起きるという考えもありますが、それ以上に注意したいのが、それまでの毎日の食事、生活習慣を振り返ってみましょう。

 

食生活

便秘がちな方は日々の食事に偏りがある場合が多いです。そのた食物繊維や水分が不足している傾向にあります。
突然便秘になるというのではなく、それまでの食生活の延長線上に便秘などの不調がある場合があるため、サプリメントだけが原因とは言えない場合もあります。

 

睡眠不足

不規則な生活は便秘の原因にも繋がります。例えば、睡眠不足の方は自律神経の交感神経が優位に立っている状態で、寝ている間に優位になる副交感神経が活発な時間が短いです。この副交感神経が活発になることで、内臓の動きが連動し、消化された食べ物が腸内へと送られ、吸収後に便を作ります。

 

ダイエット

また、ダイエットなどの習慣も便秘の大きな原因と言われています。腸内の便はある程度の量が溜まることで腸がぜんどう運動を始めて便意を起こすため、食事量を極端に制限しているといった場合や普段から食事量が少ない傾向にある方は便秘にもなりやすいので注意が必要です。

 

まとめ

コラーゲン|便秘

コラーゲンを美容のために摂るという方は多いと思います。その中でダイエットなどと並行している方も多いため、便秘になりやすい要因を含んでいる方が多いです。

便秘などお通じのお悩みは食生活と生活習慣の二つのポイントが大きく影響しています。

 

コラーゲンの評判ではコラーゲサプリで便秘になったという方も居れば、便秘が解消されたという方も居ます。
これらはコラーゲンが直接的な影響を与えているというよりも一緒に摂る食材、栄養の影響も大きいと言えます。

 

コラーゲンサプリなどを摂ることはコラーゲン摂取という意味では有用ですが、コラーゲンサプリは飲むけど、他は不規則で偏りがちという状態だと身体の不調はサプリの影響の有無にかかわらず起きやすくなるので気を配りたいですね。

 

>>コラーゲンサプリおすすめランキングTOPページへ


このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る