コラーゲン 変性

コラーゲンの変性とは?非変性型コラーゲンとの違い

コラーゲンサプリ|コラーゲンの変性

コラーゲンの元々の構造はアミノ酸の鎖3本がらせん状になっている繊維状のたんぱく質(構造たんぱく質)のことを言います。この状態(コラーゲン分子)が集まって私達の身体の中で皮膚や腱、軟骨、血管といった場所を形成、支える働きをしていますが、コラーゲンの変性は、このらせん状になった構造がほどけてしまうことを指し、このコラーゲンの変性が起きるとコラーゲンはゼラチンへと変わります。

 

コラーゲンの変性が起きる仕組み

コラーゲンの変性はコラーゲン自体の細胞が温度によって変化することによって起こり、これをコラーゲンの変性温度と言います。
この変性温度が高くなることで、コラーゲンのアミノ酸構造が分解されゼラチンに変性するというわけですね。

 

コラーゲンの変性温度

例えば、豚などの動物性コラーゲンの場合は約40〜60度くらいが変性温度とされており、魚由来のマリンコラーゲンなどは約20度ほどで変性すると言われており、コラーゲン原料によって違いがあります。

 

コラーゲンペプチドも変性コラーゲン

ちなみにコラーゲンペプチドはこの変性したコラーゲンの分子サイズをさらに細かくすることで、吸収されやすい他、近年の研究では吸収後、血中に取り込まれて体内に届く働きが期待できると言われており、コラーゲンサプリやドリンクのコラーゲンがペプチド化されるようになってきています。

 

コラーゲンの変性が起きた場合のメリット・デメリット

コラーゲンの変性のメリット

コラーゲンが変性することによるメリットは元々分子が大きく吸収されにくいコラーゲンが熱などによって変性することで、ゼラチンになり吸収しやすくなるというのがメリットです。
例えばスーパーなどで販売されているコラーゲンボールはコラーゲンが変性したゼラチンです。

 

コラーゲンの変性のデメリット

ただしこのアミノ酸構造が分解された変性コラーゲンは身体に取り込んだ時にコラーゲンとして認識されない場合があるため、吸収されずに終わってしまう場合があると言われています。

 

非変性型コラーゲンとの違い

コラーゲンサプリ|非変性型コラーゲンとの違い

上述したように変性コラーゲンはアミノ酸のらせん構造がほどけてしまっている状態を指しますが、非変性コラーゲンはアミノ酸のらせん構造が保たれている状態のコラーゲンの事を言います。

 

私達の体内のコラーゲンは1種類ではなく、存在する場所によって違いがあります。

 

例えば
皮膚や骨、血管といった場所にはI型コラーゲン、III型コラーゲン、V型コラーゲン、VI型コラーゲン、VII型コラーゲンといった種類が含まれていて、軟骨にはII型コラーゲンが存在、臓器の基底膜にはIV型コラーゲンが存在するなど、場所によって違いがあることが分かっています。

 

その中で外部からコラーゲンを摂る場合、食品や健康食品に多く含まれるII型コラーゲンも変性した状態では認識されずに分解されます。
対して非変性のコラーゲンはアミノ酸のらせん構造が保たれているため、体内に取り込んだ時にII型コラーゲンならII型コラーゲンとして認識されるというのが特徴です。

 

変性コラーゲンと非変性コラーゲンどちらがおすすめ?

変性コラーゲンと非変性コラーゲンはアミノ酸のらせん構造が違いますので、身体に取り込まれた時の吸収のされ方に違いがあるわけですが、この二つからどちらを選ぶのが良いのか?という点が気になりますよね。

 

一般的なコラーゲンサプリやドリンク、ゼリー、粉末などに含まれているコラーゲンは変性コラーゲンです。そして人気のコラーゲンペプチドも変性コラーゲンに含まれますので、ほとんどが変性コラーゲンとなるため、選択肢は多くはありません。ただし、この中で分子が小さいコラーゲンペプチドが含まれているコラーゲンサプリを選ぶことで吸収がスムーズになり身体で働いてくれることが期待できるとされています。

 

非変性II型コラーゲンが注目されている

コラーゲンサプリ|非変性II型コラーゲン

対して非変性コラーゲンは近年、軟骨などに多く存在すると言われているII型コラーゲンを補うことを目的としたサプリメントの分野で注目されていて、非変性II型コラーゲンとして配合、II型コラーゲンの構造と同様な状態を保ち、取り込まれるので、腸内でII型コラーゲンとして認識されることが期待できます。

 

年齢と共に膝などの動きが気になるという方が摂るサプリメントに配合することで、有用性が高まるというように考えられています。

 

軟骨成分にはII型コラーゲン、グルコサミンやヒアルロン酸、コンドロイチンといった成分で成り立っているので、これらを補給することを、よりサポートすることで注目されています。

 

まとめ

コラーゲンを構成するたんぱく質にはグリシンが最も多く含まれ、その他にはコラーゲンにしか存在しないと言われているヒドロキシプロリンが含まれています。
これらを含むアミノ酸がらせん構造となっている状態が保たれているか変性しているかが変性コラーゲンと非変性コラーゲンの違いとなるわけですね。

 

コラーゲンと言っても種類や、健康食品などに配合される際の加工によって特徴が違います。サプリメントなどを選ぶ時には、どんなコラーゲンが含まれているのか?という点に着目してみるのが大切です。

 

>>コラーゲンサプリおすすめランキングTOPページへ


このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る