高分子コラーゲン 低分子コラーゲン

高分子コラーゲンと低分子コラーゲンの違いと特徴

高分子コラーゲン|低分子コラーゲン

よくコラーゲン配合の化粧品やコラーゲンサプリなどの表示で、高分子コラーゲンや低分子コラーゲンといった記載を見かけますよね。
これはコラーゲンのサイズを表していて、それぞれ特徴が違います。

 

どちらが優れているということではなく、利用方法によって働きが違うというのが基本です。

 

高分子コラーゲンとは?

高分子コラーゲンは一般的なコラーゲン食材に含まれるいわゆる自然なコラーゲンのサイズとも言えるコラーゲンです。
コラーゲンの構造である、アミノ酸の鎖が3本らせん状になっている状態です。食事から摂る場合には高分子コラーゲンを摂っていることになります。

 

メリットというのはこの点で、自然なコラーゲンの形を保っていることが挙げられます。

 

化粧品などに使用される場合はこの高分子の状態で配合されている場合があり、肌表面の保湿を助けます。
そのため、あえて高分子コラーゲンを配合しているということになりますね。

 

高分子コラーゲンの吸収について

高分子コラーゲンは身体の中に取り込まれた時に、そのままのサイズでは吸収されずに分解される、もしくはそのまま一部が消化されずに腸へ届き吸収されます。
吸収性という点では低分子コラーゲンには及びませんが、長く留まり、独自の働きをするとも言われています。

 

免疫力のシステムの活性化にも影響を与えるとも言われています。

 

低分子コラーゲンとは?

低分子コラーゲンとは、通常のコラーゲン(高分子コラーゲン)を加熱したゼラチンの状態からさらに酵素分解によって小さくした状態(ペプチド化)のコラーゲンのことを言い、分子量は3000ほど(通常のコラーゲンは分子量約30万)にも小さくなったものも存在しています。

 

従来ではコラーゲンは分解・吸収の効率が良くないと言われてきましたが、技術の発達によってコラーゲンの分子を小さくすることで、分解の工程が少なく、吸収がスムーズというメリットがあります。

 

コラーゲンペプチドと低分子コラーゲンについて

現在、コラーゲンペプチド(ジペプチドやトリペプチドなどを含む)はコラーゲンサプリに配合されるコラーゲンの基本とも言える存在となっており、よりスムーズな吸収と身体の中で働く期待性が研究でもわかっていきていることもあり、低分子コラーゲンを採用している会社が多いです。

 

ただ、低分子コラーゲンとコラーゲンペプチドは同じなようで、少し違い、低分子コラーゲンは通常サイズよりも小さいコラーゲンのことを指しますが、コラーゲンペプチドはアミノ酸の結合数がありますので、低分子だから良いということではなく、コラーゲンペプチドであることで、そのままの形で吸収される期待性があるということにも繋がります。

 

そのままの形で吸収され血中に取り込まれ血流に乗ったコラーゲンペプチドは身体の隅々に行き届き、働くと言われており、肌のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作る線維芽細胞、骨の形成に関わる骨芽細胞に働きかけ増加を促すという働きが確認された研究もあり、現在も進められています。

 

そのため、今までのようにコラーゲンサプリやドリンクを飲んでもコラーゲンは増えないという常識に対する認識が変わりかけているとも言えます。

 

低分子コラーゲン配合の化粧品も登場している

今まで化粧品に配合されるコラーゲンは高分子コラーゲンが基本で、肌表面に留まり保湿をサポートする目的でしたが、低分子コラーゲンの登場によって、角質層への浸透性を期待した化粧品が登場し、注目されています。

 

これによって角質層の水分量が高まり、肌のハリやうるおいを高めて乾燥による小じわをケアするなど、エイジングケア化粧品にも採用されるようになってきました。

 

ただし、コラーゲンは皮膚を通過(皮脂から角質層まで)するサイズの単位である500ダルトンよりも大きい(低分子コラーゲンでも約2000ほど)と考えられているため、コラーゲンの浸透性という効果は他の成分の方が角質層までの浸透が期待できます。

 

コラーゲンペプチドの種類

低分子コラーゲンと言えば、コラーゲンペプチドですが、上述しているようにいくつかのアミノ酸が結合したものを指します。

  • アミノ酸が2つ結合したものをジペプチドで最も小さいサイズ(分子量は200)
  • アミノ酸が3つ結合したものをトリペプチド(分子量は300)

胃や腸で分解される時にはこれらのサイズにまで分解された後に吸収されます。
そして

  • 約30〜50個のアミノ酸が結合したものをオリゴペプチド(分子量は200〜1000)
  • オリゴペプチド以上のアミノ酸が結合したものをポリペプチド(分子量は1,000〜10,000)

と言い、コラーゲンの構造はポリペプチドが3重のらせん構造で集まるように構成されています。

 

コラーゲンの分解の第一段階とも言えるゼラチンはアミノ酸の数が1,000個ほど結合していて、分類としては高分子コラーゲンに含まれます。
そのため、ゼラチンで摂るよりもより分子サイズが小さいコラーゲンペプチドは吸収率が優れていることがわかります。

 

ただしコラーゲンサプリなどに記載されている低分子コラーゲンのコラーゲンペプチドがどの程度のサイズ、分子量なのか?という点は記載されていることが少ないため、どの商品が一番小さいというのは販売されているメーカーに確認する必要があるものの、通常の高分子コラーゲンを摂るよりも低分子コラーゲン、コラーゲンペプチドで摂取する方が、吸収がスムーズであり、コラーゲンペプチドの状態のまま血中に取り込まれることが分かっているため、サプリメントで摂る場合には低分子コラーゲンでの経口摂取が現時点ではおすすめだと言える点が多いです。

 

まとめ

高分子コラーゲン|低分子コラーゲン

高分子コラーゲン、低分子コラーゲンのどちらが優れているということではなく、どのような使い方をするかによって違いがあります。

また、高分子コラーゲンはサプリメントなどに配合されている場合はコラーゲンとして認識されるというメリットがあり、高分子コラーゲン独自の働きをすることもわかっています。

 

ただし効率という点では低分子コラーゲンに及ばないため、一般的にサプリメントやドリンクなどには低分子コラーゲンやコラーゲンペプチドを採用している商品が増えています。

 

美肌・美髪、元気な足腰など様々な所で欠かせないコラーゲンですが、外部から取り入れる場合にはこのサイズの違いや働きの違いを理解しておくことも大切ですね。

 

>>コラーゲンサプリおすすめランキングTOPページへ


このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る