目元 たるみ コラーゲン

目元のたるみとコラーゲンの関係

目元たるみ|コラーゲンサプリ効果

目元の印象を老けさせてしまう原因として目元の小じわやたるみというのがありますね。
特に目元のたるみは顔の印象がゆるみ、ハリの無い印象を与えてしまう女性にとって悩みの種です。

 

目元のたるみには肌の乾燥による水分不足が原因でおきる小じわによるものと、皮膚自体を支える真皮層のコラーゲン減少、不足といった影響によるものがあります。

 

そのため目元のたるみとコラーゲンはとても深い関係があることになります。

 

目元のたるみを起こすコラーゲンの減少

目元たるみ|コラーゲンサプリ効果

コラーゲンは角質層を含む表皮の下の基底膜の奥にある真皮層に存在しています。

加齢や紫外線といった影響により、

  • 真皮層の主要成分である土台的な役割のコラーゲン
  • コラーゲンを繋ぎとめるエラスチン
  • 隙間を埋めているヒアルロン酸やプロテオグリカン
  • コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などを生成する線維芽細胞

これらが減少していきます。

 

真皮層の役割は

  • 表皮の生まれ変わりを促す働き
  • 栄養を届ける働き
  • 水分を蓄えることによるクッションの役割
  • ハリを保つ働き

これらが基本となります。
この中でたるみに繋がる点はやはりコラーゲンなどの成分がなんらかの影響によって減少することで、隙間なく並ぶ配列が乱れ、支える力が衰えます。
真皮層はクッションのような働きは強いものの、柔軟なゴムではなく、強いネットのようなイメージです。伸縮性自体は高いわけではなく、引く力は強いですが、一度緩んでしまうと元に戻る力自体はもろくなりやすくなってしまいます。

 

コラーゲンなどの成分が不足することで、密度が薄くなるため、この保つ力が弱まり、たるみとして表れやすくなるわけですね。

 

目元の皮膚のくぼみも同様でコラーゲンなどが減少してしまうことで、支える力が弱まり、へこんでしまうのが原因の一つと言われています。

 

目元は外部の影響を受けやすい

また目元の皮膚は顔の他の箇所と比べてとても薄く、目を擦る、メイクやクレンジング、洗顔などによって摩擦が起きやすいです。
表皮は元々0.2mm程度なので、非常に外部からの影響を受けやすいです。

 

コラーゲンなど真皮層を支える成分が減少した状態で負荷がかかることによってダメージとなりたるみへとつながる場合や目尻などの小じわにも繋がりやすくなります。
また、目元のくすみの原因にもなるので、目を擦ることに繋がる習慣は見直しが必要です。

 

コラーゲンサプリは目元のたるみ対策には効果はある?

目元たるみ|コラーゲンサプリ効果

コラーゲンが目元の皮膚を支えるのに重要な役割を果たしていることがわかりました。エイジングケアの面でもコラーゲンを増やすということは若々しい肌を保つ上でも大切です。

 

コラーゲンを増やすには

  • 食事などから摂るコラーゲン合成に必要な栄養
  • 生活習慣による影響を減らす
  • スキンケアで肌を外部からのダメージから守る

この三つの要素によって身体の中でコラーゲンが作られ、今あるコラーゲンを減らさないことに繋がります。
中でもコラーゲン合成という点では食事などから摂る栄養面の補給が重要です。

 

コラーゲンサプリはこの点に含まれるたるみケアでもあり、食事から摂るよりも効率良くコラーゲンペプチドを補給して、肌の線維芽細胞にアプローチすることでコラーゲン合成を促す他、タンパク質やビタミンC、ミネラルなどと共に補給することで、体の中でコラーゲン合成に必要な材料として使用される期待性があります。

 

コラーゲンドリンクなどは疲れた時に飲むと、翌朝の肌に違いを感じたという方も多く、コラーゲンだけでなく、同時に摂る栄養と共に細胞の修復や回復にも働いてくれます。

 

コラーゲンを減らさない・劣化させないという点は紫外線や肌の乾燥対策をスキンケアにてしっかりと行い肌が潤いのある状態にキープすることが大切です。
また抗酸化成分でもあるビタミンC誘導体やレチノール(ビタミンA誘導体)といった肌のコラーゲンをサポートする成分を肌に与えることで、乾燥から肌を守りながらハリをサポートするのに役立ってくれます。

 

コラーゲンを促す方法で目元のたるみ対策

目元たるみ|コラーゲンサプリ効果

目元のたるみを解消するための方法として、コラーゲン合成を促す医療による専門治療も改善には有効だとされています。

 

レーザーや超音波、サーマクールアイ、サーマクールCPT、高周波などを使用して皮膚組織内のコラーゲン刺激するなどだけでなく、グロースファクター(成長因子)と呼ばれるタンパク質の一種を注射する方法やアンチエイジング成分を点滴で打つなど様々な方法が登場しており、もちろん費用はかかりますが、医療行為でもあるため、効果が期待でき、即効性がある対策方法です。

 

また、ヒアルロン注射などでたるみ部分をふっくらとさせることでハリのある状態を作ることも可能です。

 

目の下のたるみは表情筋の衰えも影響している

また加齢と共に目の下がくぼむようにたるみが起きる場合もありますが、これは眼窩脂肪を抑えるように支えている眼輪筋が衰えることも影響しており、目の下の皮膚の弾力が衰えた所に眼窩脂肪がせり出すように出てきてしまうことで、くぼみが目立ち影のようになり、目のクマにも繋がります。

 

これらはたるみ対策のエクササイズを行う他、リフトアップ、フェイスリフトの専門治療によってケアすることができます。

 

まとめ

目元のたるみは真皮層のコラーゲンなどの支える成分が何らかの原因によって不足、劣化してしまうことで弾力性が失われ、肌のハリを保つ力が衰えることで起きるため、目元のたるみとコラーゲンはとても深い関係性があることがわかります。

 

コラーゲンサプリでコラーゲンを補給するだけでなく、コラーゲンを身体の中で作るための栄養補給、そしてコラーゲン自体を減らさないためのスキンケアといったポイントからケアを続けることが大切です。

 

>>コラーゲンサプリおすすめランキングTOPページへ


このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る