コラーゲンサプリ 飲み合わせ

コラーゲンサプリと飲み合わせの相性が良い栄養素とは?

コラーゲンサプリ|飲み合わせ

コラーゲンサプリをせっかく飲むなら、飲み合わせの相性も気にしてみるのもおすすめです。コラーゲン合成にも関わる栄養を一緒に摂ることで、実感に違いを感じられる場合があります。

 

最近では、コラーゲンの吸収を意識したコラーゲンペプチドでコラーゲンを配合するだけでなく、その後のコラーゲン合成にも関わる栄養素をプラスすることで、飲んだ後の実感を高める工夫をしているサプリも増えていますので、知っておいて損は無いと思います。

 

コラーゲンサプリと相性が良い栄養素とは?

コラーゲンサプリを選ぶ時のポイントでもありますが、コラーゲンを合成する時に関わる成分が含まれているか?もしくは含まれていない場合は一緒に摂ることを意識することで、取り入れたコラーゲンなどのタンパク質を分解、吸収した後の合成の際に良い影響を与えてくれる成分があります。

 

ビタミンC

ビタミンCはコラーゲン合成に欠かせない栄養素の一つで、コラーゲンサプリ、ドリンクなどに一緒にプラスされていることが多いです。
ビタミンCはコラーゲン合成の際にアミノ酸が揃った時にヒドロキシ化させるのに関わっており、この働きによってアミノ酸の3重のらせん構造が作られてコラーゲンとなります。

 

ビタミンCが美容に良いと言われる理由の一つとも言える働きですね。そのため、安定したコラーゲンの合成、完成させるのに必要な栄養素ですので、チェックしたい栄養素です。

 

ビタミンB群

ビタミンB群は健康維持に欠かせない様々な働きに関わっていますが、コラーゲンサプリとの関係という点では、コラーゲンをアミノ酸へと分解する時に関わっています。
特にビタミンB6はタンパク質の分解に影響があるため、コラーゲン食材を食べる時にも野菜やお肉といった中からビタミンB群が摂れるような内容にすることがおすすめです。

 

ただし、野菜などに含まれるビタミンB群は水溶性ですので水洗いや熱にも影響を受けやすいため調理の際は手早く下ごしらえを済ませるといった工夫をすることで、効率良く補えます。

 

ビタミンCやビタミンB群は熱の影響を受けやすいこともあり、日々の食事だけで不足しやすい栄養ですので、サプリメントなどで効率良く摂ることで不足を補うことができます。この時にコラーゲンを含んだサプリで摂ると健康維持にの面でもプラスになり、コラーゲン合成にも嬉しい栄養として補給できるメリットがあるので、コラーゲンサプリを選ぶ時にはチェックしたいポイントです。

 


 

ビタミンE

抗酸化力を持ち、若々しい体作りにも影響を与えるビタミンです。ビタミンEは脂溶性のビタミンで、ナッツ類などに多く含まれる他、植物油などにも含まれています。
ビタミンEもコラーゲン合成に関わる成分ですので、ビタミンCと共に摂りたい成分です。

 

ミネラル類

鉄や亜鉛、銅といったミネラルはコラーゲンの合成、増進に関わるミネラルです。また、コラーゲンは骨にも存在しており、強い骨を作るためのカルシウムと一緒に摂るなど、一緒に摂りたい栄養と言えます。

 

アミノ酸

コラーゲンは体内に取り込まれると、一度、アミノ酸にまで分解されて吸収後、体の必要な場所に新たな細胞として作られていき、コラーゲンも必要に応じて合成されていきます。

 

この新たに合成する時のコラーゲンの素になるのもアミノ酸です。そのため、バランス良くアミノ酸を摂ることも大切です。
中でも体内で合成されない必須アミノ酸のリジン、そして非必須アミノ酸のプロリンがビタミンCなどと共にコラーゲンへと合成されていきます。

 

そのため、コラーゲンをただ取り入れても、コラーゲンの合成に繋がらないというのは、コラーゲン合成に必要な栄養を一緒に摂らないと、取り入れたコラーゲンに含まれるアミノ酸が意味を成さないという意味にもなります。

 

最近のコラーゲンサプリはコラーゲン自体をペプチド化(低分子化)させて吸収をスムーズにするだけでなく、そのまま吸収させることで血中に乗り体内で働かせることを考えた内容になっていることが多いですが、それでもせっかく摂るならアミノ酸のバランスが良い内容のサプリの方が、健康維持という面を考えてもメリットは多いです。

 

コラーゲンサプリとプラセンタの相性は?

女性の健康や美容のための栄養補給として人気があるプラセンタですが、こちらもサプリメントでの経口摂取も人気です。
コラーゲンとプラセンタの相性という点では、コラーゲンの合成に必要なアミノ酸も豊富でしかもビタミンBだけでなく、他の5大栄養素も含みます。

 

そのため、コラーゲンだけで補えない栄養を補給できるという点で栄養バランスの底上げに繋がるので相性は良いとされています。

 

コラーゲンサプリとグルコサミンの相性は?

グルコサミンは軟骨を支える成分プロテオグリカンに含まれる成分の一つです。
このグルコサミンは近年、関節が気になるという方のサポートとしてサプリメントにも配合されることが増えてきました。

 

コラーゲンも骨や軟骨といった場所にも存在して関節の機能を支えている成分の一つです。
コラーゲンサプリとグルコサミンは不足しがちな軟骨成分を取り入れたい時に相性の良い成分とされています。

 

コラーゲンサプリの飲み合わせで注意したいこと

ではサプリメントの飲み方という面からみた飲み合わせについてですが、サプリメント単体を飲むということを考えた時には、飲む量を過剰摂取してしまうということが無い限りは基本的に飲み方を気にする必要は少ないです。

 

ただし、糖分や脂質の摂りすぎはコラーゲンの糖化に繋がるため、食生活の中でバランスを意識することが大切です。

 

複数のサプリの飲みすぎによる過剰摂取に注意

コラーゲンサプリを単体で飲む場合、もしくは純粋なコラーゲンサプリに加えて、マルチビタミンを摂るといった飲み方は良いですが、複数の成分が配合されているコラーゲンサプリなどを複数摂取するのは過剰摂取にも繋がる可能性もあるので避けましょう。

 

また、沢山のタブレットなどを飲むことは胃腸などにも負担をかけますし体調面の不調を招く場合があるので、コラーゲンサプリを飲む時はサプリは1種類で続ける方が身体にも優しく栄養補給ができます。

 

栄養補給を考えて、しかもコラーゲンを摂りたいといった場合には純粋なコラーゲンサプリではなく、他の成分をプラスしているサプリか、原料ベースで栄養価が多く含まれているコラーゲン原料のサプリ(すっぽんは栄養価が豊富)を選ぶことで、食生活から摂取する栄養と共に不足した栄養を補うことができるのでおすすめです。

 

水やお湯以外にも混ぜらるのがコラーゲンのメリット

コラーゲンパウダーなどは水やお湯といったサプリメントを飲む時の基本とは少し違って料理やジュースなどに混ぜて飲むことも可能です。
また、コーヒーなどと混ぜてもOKというサプリもあるので、お好みに合わせた摂り方が可能なサプリもあります。

 

コラーゲンは過熱をしても影響が無いので、温かい料理、飲みモノにも合わせられるのも特徴です。

 

タブレットやソフトカプセルのサプリは水やお湯で飲みましょう。

 

まとめ

コラーゲンを補う上で一緒に摂りたい栄養と言うのが存在するということがわかりました。
また、効果を求めるあまり、複数のコラーゲンサプリを一気に摂るというのは身体にも良くないのでおすすめできないという点もコラーゲンサプリの飲み合わせという点では注意したいですね。

 

どんなに身体に嬉しい栄養も過剰に摂取することは、吸収されずに排出されるだけでなく、身体に良くない影響もありますので、注意したいですね。
サプリメントは健康補助のための食品ですので、日々の食事と同様にバランスが重要です。

 

>>コラーゲンサプリおすすめランキングTOPページへ

 

コラーゲンサプリすっぽん小町

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る