コラーゲン シャンプー

コラーゲン配合シャンプーの働きと選び方

コラーゲン|シャンプー

コラーゲンはスキンケア化粧品の成分として有名ですが、コラーゲンを配合したシャンプーも販売されています。
コラーゲンは育毛など健康的な髪を作るのにも関わっている成分でもありますが、シャンプーに配合されているコラーゲンにはどのような働きが期待できるのでしょうか?

 

シャンプーに配合されるコラーゲンの働き

コラーゲン|シャンプー

シャンプーに配合されるコラーゲンはその保湿効果を活かして髪や頭皮の表面の保湿をサポートし保護する役割が基本となっています。

シャンプーは汚れや皮脂を落とす洗浄成分が含まれているため、シャンプーをした後の頭皮は潤いを保つ成分が洗い流されている状態です。

 

コラーゲンを含む保湿成分は洗い終わった後の頭皮や髪のうるおいを留めて乾燥から守る、保護するのに働きます。

 

このコラーゲンによる保湿効果で頭皮の乾燥、乾燥によるかゆみなどを防ぎ、頭皮環境を健やかな状態に保つというのに一役買っているわけですね。

 

シャンプーの洗浄成分としてのコラーゲン

またアミノ酸シャンプーなどの洗浄成分としてコラーゲンが使用されている場合もあります。
これはコラーゲン自体がいくつかのアミノ酸が結合してできたタンパク質であるこを利用し、コラーゲンを加工(加水分解コラーゲンに洗浄力を持たせる加工)し、アミノ酸系洗浄成分として汚れや皮脂を落とすのに働きます。

 

コラーゲン以外の原料も使用されますが、これらアミノ酸系シャンプーはアミノ酸がアミノ酸を分解する働きを活かし、洗浄するため、一般的な合成界面活性剤をしようしたシャンプーよりも洗浄力が穏やかで皮脂の落としすぎによる頭皮の乾燥を防ぐのに用いられています。

 

育毛系シャンプーはアミノ酸シャンプー、アミノ酸系洗浄成分配合のシャンプーが人気です。その理由は穏やかな洗浄力で必要な保湿効果を持つ皮脂を落とすのを減らすことを目的としているため、洗い上がりの頭皮の環境も穏やかな状態を保つことができます。

 

洗浄成分として配合されている場合、例えば、ココイル加水分解コラーゲンNa、ココイル加水分解コラーゲンK、ココイル加水分解コラーゲンtea、ヤシ油脂肪酸加水分解コラーゲンカリウムといった名前で記載されています。
ココイル加水分解コラーゲンKはアミノ酸系シャンプー、ノンシリコンシャンプーなどの洗浄成分の一つとして配合されることが多く、皮膚や身体に対しての刺激性が穏やかなのも特徴です。

 

コラーゲン配合シャンプーの選び方のコツ

コラーゲン|シャンプー

コラーゲン配合シャンプーといっても上述したように、保湿成分として配合されているのか、洗浄成分として配合されているのかによって目的がかわります。

 

髪や頭皮の保湿力を高めたい場合は水溶性コラーゲン・加水分解コラーゲン

髪や頭皮のパサつき、乾燥を防ぎ、保湿力をアップしたいという方の場合は水溶性コラーゲンが保湿剤として配合されているシャンプーを選ぶのがおすすめです。

 

また、低分子化されている加水分解コラーゲンは頭皮や髪表面だけでなく、さらに内側までの浸透性が期待できるため、頭皮の場合は角質層、髪の場合も内側に浸透し水分保持を助けてくれます。

 

この働きによって、洗い上がりの頭皮や髪の水分や保湿成分が流れてしまうのを減らし、柔軟性がある状態を保つのに働いてくれます。

 

また、保湿作用によって頭皮や髪へのダメージを防ぐ他、静電気など帯電防止にも働きます。

 

この場合は洗浄成分としてではなく、保湿成分として配合されていることがポイントですね。

 

他の保湿成分もチェック

水溶性コラーゲンや加水分解コラーゲン以外にも頭皮や髪の保湿に働く成分は多いです。
例えば、加水分解ヒアルロン酸、セラミドといった成分のほかに髪の補修成分の有無、さらに頭皮の炎症や抗菌に働く成分など、目的によっても変わってきます。

 

洗浄成分としてのコラーゲンシャンプーは市販品よりも価格が高め

上述したココイル加水分解コラーゲンNa、ココイル加水分解コラーゲンKといったいわゆる陰イオン性合成界面活性剤と呼ばれる洗浄成分は洗浄力と起泡性に優れていながら、肌にも優しい刺激が穏やかという特徴があり、洗っている時に頭皮や髪の保湿作用や保護にも働きながら柔軟性を与えてくれる洗浄成分です。

 

脱脂力も一般的な石油系合成界面活性剤よりも穏やかでありながら、適度な洗浄力も持つことから、近年のアミノ酸系シャンプー、ノンシリコンシャンプーの洗浄成分として使用されることが増えています。

 

ただし、良い成分であるがゆえに、価格面では一般的なシャンプーと比べると高価になりやすいのですが、頭皮や髪のことを真剣に考えている方には良さを感じられるシャンプーが多いです。

 

まとめ

コラーゲン|シャンプー

シャンプーに配合されるコラーゲンは保湿を助け、髪や頭皮の柔軟性や水分保持をサポート、洗浄成分としては穏やかで適度な脱脂力で洗えるアミノ酸系シャンプーに使用されることが多いということがわかりました。

 

ポイントは頭皮のコラーゲンを増やすといった直接的な効果ではなく、あくまで保護や洗浄と言った目的で配合されているということですので、頭皮環境や健康的な髪を生やすのにコラーゲンを増やしたいと考えている方の場合は食生活、サプリメントなどを使用して身体の内側からコラーゲン合成をすることが基本となります。

 

>>コラーゲンサプリおすすめランキングTOPページへ


このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る