身体 コラーゲン 作る

身体の中のコラーゲンを作る・増やすための方法とは?

コラーゲン|作る

私達の身体の中に存在するコラーゲンは無限ではなく、有限でしかも年齢と共に減少すると言われています。
コラーゲンの減少はお肌のハリや弾力を失わせるだけでなく、健康的な髪や目、爪といった目に見える部分だけでなく、血管や臓器、骨や腱といった見えない部分の健康にも影響が出てきます。

 

そのため、身体の中のコラーゲンを作る、増やすという意識は健康を維持し、若々しくいるためにもとても大切なポイントの一つです。

 

コラーゲンを作る・増やすための基本

コラーゲンを補うだけでなく、コラーゲン合成に関わる栄養を補給

コラーゲンを身体の中で作る、もしくは増やすためには、まずコラーゲン自体を補うことだけでなく、コラーゲンを合成するために必要な栄養を食事やサプリメントなどの健康食品から補うことで、コラーゲン合成のための材料が揃い作られていきます。

 

そのため、コラーゲンサプリを飲んでいるけど、食生活は適当で偏っているという方はコラーゲンサプリを飲むということの前に、食生活の見直しが基本となります。

 

コラーゲンサプリと相性の良い飲み合わせ・栄養のページでもご紹介していますが、コラーゲンの合成にはアミノ酸(リジン・プロリンなど)と共にビタミンC、ビタミンEといった成分が関わり、コラーゲンの構造を作る3本のアミノ酸の鎖からできたらせん構造になります。

 

またコラーゲン合成には鉄や亜鉛といったミネラルも必要です。

 

そのため、このコラーゲン合成に関わる栄養が不足しているとコラーゲンを身体の中で作るのに十分な材料が足りないことになるため、コラーゲンを増やす効率が良くありません。

 

コラーゲン食材を摂るだけでは効率が良くない場合も

食べ物に含まれるコラーゲンを摂って美肌作りを効果的に行うという方もいますが、コラーゲン食材から摂ったコラーゲンは吸収率的に効率が良くありません。
コラーゲン自体は元々分子サイズが大きいため、吸収の際にペプチド化され、アミノ酸として分解され吸収されていきます。

 

この中で、食べたものが全て吸収するのが難しいため、一生懸命、フカヒレ、豚足、コラーゲン鍋などを摂っても効率が良くないケースが多いと言われています。

 

また、コラーゲンを構成するアミノ酸組成が切られた状態だと、体はコラーゲンだと認識せずに吸収するため、タンパク質の補給ということにはなりますが、コラーゲンをコラーゲンとして新たに合成される量は効率的ではないという考えがあります。

 

タンパク質はお肌に必要ですが、タンパク質だけをただ摂っても効率良くコラーゲンの生成に活かされない場合があるということを知った上で食生活を考えることが大切ですね。

 

サプリメントも特徴や内容によっては効果的ではないケースもある

これはポイント1、2でお話している点にも関係があるのですが、コラーゲンを単体で摂ってもコラーゲンとして吸収され合成されるのではなく、分解されてしまうという点があります。また、この時に食事などで十分なアミノ酸やビタミン、ミネラルなどの栄養が不足している場合、新たなコラーゲン合成の材料が足りていない状態になります。

 

最近は一般的になりましたが、コラーゲンのサイズを元から小さくしたコラーゲンペプチドという低分子化された状態で配合したサプリメントが主流となり、こちらは研究によって、吸収しやすくなるように工夫され、そのまま血中に入り身体の中で働く作用の期待が持てる点があると言われており、コラーゲンサプリを摂る場合はまず、このコラーゲンペプチドの状態で配合されているコラーゲンが含まれていることがサプリメントを選ぶ時のポイントと言われています。

 

コラーゲンタブレット・ドリンク・ゼリーの場合

配合されている成分を確認し、コラーゲンペプチドの他にどんな成分が含まれているのか?を確認しましょう。
コラーゲン合成のための栄養補給という意味ではビタミンCやビタミンE、タンパク質の分解に関わるビタミンB群が含まれているのが望ましいと言われています。

 

また、原料としてすっぽんなどの食材が原料となっている場合はその原料がどんな栄養素を含んでいるのかを確認した上で、食生活とでバランスを摂ることで、取り入れた栄養をコラーゲンを作るのに活かしやすくなります。

 

コラーゲンパウダーの場合

コラーゲンパウダーの場合、内容が純度100%コラーゲンといったいわゆる調味料的な使い方ができるタイプのコラーゲンサプリが多いです。
この場合は混ぜる料理の栄養がとても重要になってきますので、飲みモノに混ぜてコラーゲンを摂っているから大丈夫という考えではなく、コラーゲンを補給しながら、さらにコラーゲンを作るために必要な栄養補給をしっかりと行うように心がけることが大切です。

 

今あるコラーゲンを減らさない、増えない原因を作らない

コラーゲンを作る・増やすことは大切ですが、今あるコラーゲンを減らしてしまう生活習慣は改善が必要です。
また、増えない原因にも繋がることもあるため、日々の食生活、生活習慣に加えて、外部からの影響から守るスキンケアもポイントになります。

 

紫外線対策

コラーゲンは真皮層で肌の弾力を支える役割をエラスチンやヒアルロン酸と共に担っていますが、紫外線A波によって、コラーゲン、エラスチンはダメージを受けてしまいます。
この状態はコラーゲンの減少にも繋がり、いわゆる肌の深いしわ、たるみといったお悩みにも繋がるので、UVケアは日常的にしっかりと対策したいポイントです。

 

肌の乾燥対策

肌の乾燥は外部からの影響を受けやすい状態を作ってしまう、お肌の状態と言われています。
女性の場合の多くがメイクをしてクレンジング、洗顔といった直接的にお肌のうるおいを失わせる行動を、ほぼ毎日行っています。

 

この時に肌のうるおいを保つ保湿成分や皮脂を失わせた状態に加えてスキンケア不足が影響して水分が保ちにくい肌が乾燥した状態を招きます。
これらは肌の表面の0.02mmの角質層のお話です。

 

真皮層のコラーゲン生成に関わる線維芽細胞を守る

そしてこの肌を少し下で支えているのが真皮層です。
コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった成分が存在し、肌の弾力、しなやかさ、ハリを支え、さらに水分を保水しています。
また、コラーゲンには情報伝達の働きも持ち、毛細血管を通じて栄養や酸素を供給するといった働きにも関わっています。

 

そしてこの3つの成分を作りだしているのが、線維芽細胞と呼ばれる細胞です。この細胞は外部からのダメージ(紫外線など)を受けた時に修復のためにコラーゲンを作るといった働きを担っています。そのため、この線維芽細胞が正常に働いていないと、お肌のコラーゲン量も増えないということになります。

 

線維芽細胞は加齢や紫外線による活性酸素の影響を受けることで減少すると言われており、年齢と共にお肌が老化する原因とも言われています。

 

この線維芽細胞を守るには、内側からの栄養補給と共に、上述した肌を守る役割を担っている角質層の健康が重要になります。

 

まとめ

コラーゲン|作る

アンチエイジングはどうしても外側からのお手入れに意識が向きがちですが、本当に必要なのは身体の内側を育てること、その上でスキンケアやヘアケアを行うことで、肌や髪といった気になるポイントが応えてくれる土台作りに繋がります。

 

年齢に応じたコラーゲン補給と共に、毎日の食生活や生活習慣も見直すことで、これからの若々しさ、健康に違いが出てくると言えますので意識を向けてみてはいかがでしょう?

 

>>コラーゲンサプリおすすめランキングTOPページへ


このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る