コラーゲン 調理法

コラーゲンが豊富な食材の調理法・食べ方

コラーゲン|調理方法

コラーゲンは量の違いはあるものの、私達の身近な食材にも含まれています。
そして私達は意識せずとも、毎日の食事でコラーゲン、そしてコラーゲンの素となる栄養を摂りながら、体の中でコラーゲンを作っています。

 

年齢を重ねると身体の中のコラーゲンは減少していくと言われていますので、サプリメントなども良いですが、まずは毎日の食事の中からコラーゲンを摂りながら、健康的な体作りの基礎を作ることが大切ですね。

 

そんなコラーゲンは食事に取り入れる時の調理方法、食べ方でも吸収や体の中に取り込まれた時のコラーゲン合成の効率も変わりますので、チェックしてみてください。

 

コラーゲン食材を調理する時のポイント

コラーゲン|調理方法

コラーゲンは水溶性の性質を持っているため、熱を加えると溶けだして混ざります。そして冷えると固まる性質があるのが特徴です。

煮魚などをして、時間が経つと汁や身の部分が煮凝りのようなゼラチン質になっているのを見たことがあるかと思いますが、あれがコラーゲンです。

 

コラーゲンが一度熱によって変性することでコラーゲン構造がバラバラになり、ゼラチンへと変わった状態です。

 

そのため、コラーゲン食材を使用した時は煮汁や出し汁、スープなどはできるだけ残さずに飲む方が、食材から溶けだしたコラーゲンを摂ることができます。

 

コラーゲンパウダーやドリンクをアレンジ

コラーゲンを多く含む食材を毎日の食事にプラスするというのは大変ですし、カロリー的な意味でもちょっと気になりますよね。

 

そんな方におすすめなのが、純粋なコラーゲンを料理にプラスできる、コラーゲンパウダーです。粉末で無味無臭なものが多く、調味料的にプラスしてコラーゲンを日常的な食事に加えることができます。

 

この場合はお味噌汁、スープ、お鍋にはもちろんですが、炒めもの、カレーやシチューといったメニューにも加えてもコラーゲンは熱によって効果が変わらないので日常的に摂りやすいです。

 

飲みモノに混ぜる時には、ぬるま湯で溶かしてから冷たい飲み物(ジュースなど)に混ぜることで混ぜやすくなります。

 

コラーゲンドリンクを使って美味しく大人の休息タイム

また、コラーゲンドリンクは直接飲んでも良いですが、カクテルやワインといったものと合わせて甘くてコラーゲンも含んだ大人の飲みモノにもなります。
パウダーを混ぜても良いですが、冷たい状態だと混ざりにくいため、コラーゲンドリンクの方が合わせやすいです。

 

食事でコラーゲンを摂る時には一緒に食べる食材にもこだわる

コラーゲン|調理方法

コラーゲンを摂りたい時には身体の中で吸収される時、そして身体の中でコラーゲンを作る時に必要な栄養を含んだ食材と一緒に摂ると相乗効果が期待できます。

 

特にビタミンCはコラーゲンの合成に欠かせませんし、ビタミンB群はタンパク質の分解、吸収に関わっています。
ビタミンCは野菜や果物など、ビタミンB群は緑黄色野菜や豚肉などの肉類にも多く含まれています。

 

また、ミネラルもコラーゲン合成に必要ですので、合わせて食べることで身体の中での分解、吸収効率が良くなり、合成を行う上での栄養補給にも繋がるので、コラーゲン食材を食べる時には一緒に食べる食材にも気を配りましょう。

 

おすすめのコラーゲン食材

おすすめのコラーゲン食材はやはり肉類なら豚や鶏です。豚の豚足には豊富なコラーゲンが含まれていますし、ホルモンなどもコラーゲンが豊富です。サプリメントに使用されるコラーゲンも豚の皮部分を使用していることが多いです。

 

また、鶏の場合は手羽先、鶏皮、鶏の軟骨に多くコラーゲンが含まれているので、鶏肉を料理する時はこれらも意識すると良いですね。

 

また、魚などの場合、フカヒレやすっぽんといった高級食材以外にも鮭やウナギ、サンマなどにもコラーゲンは含まれています。
ポイントは皮部分にコラーゲンが含まれているので、魚は皮ごと食べられる種類は皮も一緒に食べるのがおすすめですし、骨部分にもコラーゲンは含まれるので煮魚などの場合は骨部分も食べられる時には一緒に食べるのがおすすめです。

 

>>コラーゲンが多い食べ物一覧はこちら

 

まとめ

コラーゲン食材の調理はスープや煮汁なども出来るだけ残さずに食べられるような工夫をすることで食材に含まれているコラーゲンを余さずに摂ることができます。
また、コラーゲンだけを摂るという意識で食べるのではなく、他の部分も含めて身体の栄養補給を意識したメニューのバランスで食べることで、コラーゲンの分解、吸収、再合成のために必要な栄養も一緒に摂ることができます。

 

コラーゲンサプリなどは純粋なコラーゲン、そして吸収率を高めたコラーゲンペプチドなど効率良くコラーゲンを補えるので、手軽ですが、それとは別に食事からも十分な栄養を摂ることで、コラーゲンを身体の中で作る土台が整った状態を作れるので、日々の食生活はとても大切です。

 

>>コラーゲンサプリおすすめランキングTOPページへ


このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る