コラーゲン 含有量

コラーゲンの含有量で選ぶコラーゲンサプリの比較ランキング

せっかくコラーゲンをサプリで補うならコラーゲンの含有量は重要な比較ポイントですよね。
こちらではコラーゲンの含有量の多いコラーゲンサプリをランキング形式でご紹介しています。

 

森永製菓・おいしいコラーゲンの特徴
豚由来のコラーゲンペプチドが1本125mlの中に10,000mg配合されています。
コラーゲンドリンクとしては大容量な上に、ビタミンCやセラミドまで一緒に摂ることができ、美味しく飲みやすいのが特徴です。

味わいもピーチ味、レモン味の2種類から選ぶことができジュースのように飲めて、1本あたりのカロリーは65kcalと低カロリーです。
価格
1,000
評価
評価5
備考
ドリンクタイプ 初回限定お試し12本セット
森永製菓・おいしいコラーゲンの総評
1本あたり、通常価格で203円となっていて、定期コースなら1本あたり約182円と容量が豊富でコスパの面も良いですね。

ニッピコラーゲン100|コラーゲンサプリ

ニッピコラーゲン100の特徴
1日の摂取量目安のスプーン1杯で5,000mg、2杯なら10,000mgのコラーゲンペプチドが含まれています。
ニッピコラーゲン100は他のサプリと違い、コラーゲンの純度は100%となっています。

カロリーも専用スプーンでの摂取の場合、約17kcalと低カロリーです。
価格
999
評価
評価5
備考
パウダータイプ 初回限定お試し価格
内容量
約20日分
ニッピコラーゲン100の総評
パウダータイプで、通常の飲みモノに混ぜるだけでなく、料理やコラーゲンスイーツなどにも使えるアレンジがしやすい点が魅力です。コラーゲン原料では国内シェアNo.1の実績を持ち、安心して毎日の習慣に取り入れやすいのもポイントですね。

リフタージュ|サントリーウエルネス

リフタージュ|サントリーウエルネスの特徴
1本でコラーゲンペプチドが5,000mg摂ることができます。
さらに軟骨成分とも言われる保水力が高いプロテオグリカンも5,000μg配合、6種類の美容成分など、充実した成分を毎日の習慣として取り入れられます。

カロリーも1本あたり、約23.2kcalと低カロリーです。
価格
4,320
評価
評価5
備考
ドリンクタイプ
内容量
1本50ml×10本セット
リフタージュ|サントリーウエルネスの総評
サントリーから販売されている人気のコラーゲンドリンクです。より実感力を意識したコラーゲン、プロテオグリカン、さらにセラミドやビタミンCといった美容成分など、毎日の美容習慣に嬉しい成分を1本で補給できます。

ミルコラ|サントリーウエルネス

ミルコラ|サントリーウエルネスの特徴
次世代コラーゲンとも言われるプロリルヒドロキシプロリンとヒドロキシプロリルグリシンの二つのコラーゲンペプチドを1日分に5,000mg配合したコラーゲンパウダーです。

さらにセラミドやプロテオグリカン、エラスチン、ビタミンCなど一緒に摂りたい成分も含まれています。

1本あたり、24.8kcalと料理やスイーツに使用する時にもカロリー面を気にせずにアレンジ可能です。
価格
定期コース4,860
評価
評価5
備考
パウダータイプ
通常価格
5,400円
内容量
1箱30包入り1日1包目安 約30日分
ミルコラ|サントリーウエルネスの総評
1日あたり約166円とコスパ的にも良く、アレンジのしやすさも含めて、生活の中に取り入れやすいのもおすすめポイントです。
Wコラーゲンの特徴
2種類のコラーゲン(コラーゲンペプチドと高分子コラーゲン)を5,200mg配合したコラーゲンパウダーです。

この二つを絶妙なバランスで配合、さらにヒアルロン酸やコンドロイチン、グルコサミンといった成分も含まれており、健康的な体作りに嬉しい成分が補給できます。

1本で約25kcalと低カロリーです。
価格
定期コース初回1,980
評価
評価5
備考
パウダータイプ
通常価格
4,860円
内容量
30本1日1本目安、約1カ月分
Wコラーゲンの総評
パウダータイプなので、アレンジがしやすく、甘味料、酸味料、香料、保存料、防腐剤不使用の無添加です。

コラーゲンの含有量が多いコラーゲンサプリの種類

コラーゲン含有量

コラーゲンを配合したサプリメントには主に
  • タブレット
  • ドリンク
  • パウダー
  • ゼリー

といった形状の種類が一般的です。
この中で、1日あたりの摂取量で比較したコラーゲン含有量で順位付けすると

  1. パウダー
  2. ドリンク
  3. ゼリー
  4. タブレット

このような傾向にあります。

 

パウダータイプのコラーゲン含有量の傾向

というのもパウダータイプは内容量がほぼコラーゲンであることが多く純度が高いため、同じ量のサプリメントをとった場合にもコラーゲンの占有率が高いため、多くのコラーゲンを摂ることができます。1日あたり、スプーン1杯で5,000mg程度のコラーゲンが摂取できるサプリが多いです。

 

ドリンク・ゼリータイプのコラーゲン含有量の傾向

また、ドリンクやゼリーも同様で、液体に混ぜることで作るこの2種類は水溶性のコラーゲンの特徴を活かしてコラーゲンの含有量を多くすることができます。
その分、水分も一緒に摂ることになるので、腹もちが良い半面、純度の面ではパウダーやタブレットよりも劣るケースもあります。

 

ドリンクタイプは1日あたり50mlほどの小瓶タイプが多く、1本で5,000mgほど、ゼリータイプだと、2000〜2,500mg程度のコラーゲン含有量のサプリが多いです。

 

タブレットタイプのコラーゲン含有量の傾向

タブレットタイプは含有量が少ないのはサイズの点が影響しており、1日数粒でも100mg弱という含有量です。
ただ、タブレットタイプのメリットは様々な成分を一緒に配合しやすく、これらの成分が持つ特有の匂いや味といった点に影響を受けにくいのがメリットです。

 

ドリンクやゼリー、パウダーの場合は配合した成分の影響が出やすく、これらを抑えるためには甘味料や酸味料といった添加物で味を整え飲みやすくする必要がありますが、タブレットの場合は粉末化したものを固める、もしくはソフトカプセルに詰め込むので匂いなどを気にせずに摂ることができます。

 

コラーゲンの純度と含有量にこだわりたいならパウダータイプ

コラーゲン含有量

コラーゲンを補うという点にこだわり、純度や含有量を意識した場合にはパウダータイプがおすすめです。

また、パウダータイプは無味無臭で料理や飲み物と合わせて摂りやすいタイプも多く、アレンジのしやすさでは他のコラーゲンサプリよりも優れています。

 

デメリットとしてはコラーゲンの純度は高いものの、コラーゲンと一緒に摂りたい栄養であるビタミン・ミネラルなどが含まれていないため、合わせる素材や料理の内容によって良さが活きにくい場合があるので、注意しましょう。

 

水だけでサッと飲む、もしくは単体で摂れるタブレット、ドリンク、ゼリーと比べると利便性に欠ける部分もある点も継続性という点ではパウダータイプは劣る部分もあります。

まとめ

コラーゲン含有量

コラーゲン含有量が多いサプリは魅力的ですが、それだけでなく、サプリメントに一緒に含まれる栄養や、サプリメント自体の純度なども比較する際のポイントになります。

特にコラーゲン原料の中には匂いや味が強く、そのままだと摂りにくい原料(すっぽんなど)もあります。

 

こういった原料を使用しているサプリメントの場合にはタブレットタイプが匂いなどを気にせずに摂ることができるので、良さを感じながら習慣化しやすいメリットもあるので、自分の好みや生活スタイルに取り入れやすいコラーゲンサプリを選びしっかりと継続することが基本となります。

 

>>コラーゲンサプリおすすめランキングTOPページへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る