コラーゲンペプチド

コラーゲンペプチドと普通のコラーゲンとの違いは?

コラーゲンサプリ|コラーゲンペプチド

よくコラーゲンドリンクなどのコラーゲンの種類で「コラーゲンペプチド」配合と記載されている商品を見かけますよね。
最近では多くのコラーゲンペプチド配合のコラーゲンサプリが増えています。

 

そんなコラーゲンペプチドの特徴や普通のコラーゲンとの違いについてご紹介します。

 

コラーゲンペプチドについて

コラーゲンサプリ|コラーゲンペプチド

コラーゲンペプチドは、コラーゲンを加熱したゼラチンをさらに小さく低分子化したコラーゲンで、変性コラーゲンに分類されます。「低分子コラーゲン」「超低分子コラーゲン」といった表現で持ちられることが多いですね。

 

分子が小さいことで、水にも溶けやすく、体への消化吸収がしやすくなることから、コラーゲンサプリなどにはコラーゲンペプチドが使用されています。

 

コラーゲンを加熱したゼラチンを細かく酵素分解して作られるコラーゲンペプチドですが、サプリによってはこのコラーゲンペプチドの生成を低温で時間をかけて抽出するなど工夫を行いよりコラーゲンの良さを損なわない形でサプリメントに取り入れている商品もあります。

 

普通のコラーゲンとの違いは?

コラーゲンサプリ|コラーゲンとの違い

通常のコラーゲンは3重のらせん構造ですが、ゼラチンになるとその構造がバラバラになります。

そこからさらに細かく分断され分子を小さくしたのが、コラーゲンペプチドです。

 

通常コラーゲンは分子サイズが大きく、そのままでは体内への吸収がスムーズでは無いと言われています。
コラーゲンペプチドはこの吸収されにくさを解消するための工程として行われることが多いです。

 

ゼラチンとコラーゲンペプチドの違い

コラーゲンサプリ|ゼラチン

また、ゼラチンとコラーゲンペプチドの違いとして挙げられるのがゼラチンはコラーゲンに熱処理を行い分解したものに対して、コラーゲンペプチドは加工の工程でコラーゲンを加水分解して低分子化するなどの違いもあります。

 

また、ゼラチンが冷めると固まるのに対してコラーゲンペプチドは水に溶けて冷めても固まらないゼラチンの特徴が無いため、ドリンクやパウダーとして加工することができる違いがあります。

 

ペプチドの種類

ペプチドとはアミノ酸が複数個繋がった状態を指します。

  • 2つのアミノ酸が結合したジペプチド
  • 3つのアミノ酸が結合したトリペプチド
  • 約30〜50個ほどのアミノ酸が結合したオリゴペプチド

といったペプチドのサイズがあり、オリゴペプチドよりも多いアミノ酸の結合数のペプチドをポリペプチドと言い、コラーゲンはこのポリペプチドが3重のらせん構造で構成されています。

 

一番小さいのはアミノ酸が2つ結合したジペプチドということになります。

 

これだけ小さい状態になることで、体への吸収が通常のコラーゲンよりも早くなるというわけですね。

 

コラーゲンの分子量の違い

 

例えば、各コラーゲンの分子量を見ても通常のコラーゲンは分子量が約30万ほどと言われており、この状態では吸収されません。
ここから分解されペプチドサイズ、もしくはアミノ酸にまで分解されることで、吸収されます。

 

例えば、
動物性コラーゲンの分子量は約30万ほどで分子が大きいです。

 

そして近年人気の海洋性コラーゲンの分子量は約10万ほどと動物由来のコラーゲンよりもサイズが小さいため、吸収率が良くなります。
そこから加水分解コラーゲンの分子量が約1万ほどに小さくなり、コラーゲンペプチドの分子量になると約3,000ほど、もしくはここからさらに小さいサイズとなっていきます。

 

食事などでコラーゲンを摂る場合には動物由来のコラーゲンよりも魚由来のコラーゲンが吸収率が良いことがわかりますね。

  • 通常のコラーゲンが約30万
  • ゼラチンで約10万
  • 動物由来のコラーゲンペプチドで3000〜1万ほど
  • 魚由来のコラーゲンペプチドは500〜1万ほどで、鱗などの場合はさらに分子が小さくなる

これらを意識してコラーゲン食材を選ぶのもおすすめです。

 

コラーゲン配合化粧品が浸透しないのも分子量が大きいから

コラーゲン浸透

スキンケア化粧品に配合されているコラーゲンが肌表面、もしくは角質層にまでしか浸透せずに真皮層のコラーゲンを増やすのに繋がらないというのも、この分子量が大きいのが理由です。

 

コラーゲン分子は約30万ですが、皮膚の皮脂膜、角質層に浸透するには約3000ほどと言われており、角質層に浸透させるのにもコラーゲンペプチド相当のサイズにまで低分子化する必要があります。また、真皮層にまで浸透するには約500以下の分子量となるため、この分子サイズはとても小さく、アミノ酸やビタミンA、ビタミンEなどがこれに相当するサイズと言われています。

 

また、これ以外にも水溶性の場合には皮脂の油分で弾かれるため、浸透率が落ちます。

 

コラーゲンサプリはコラーゲンペプチドで摂るのがおすすめ

コラーゲンペプチドサプリ

これまでご紹介したように、コラーゲンの分子量が小さくなることで、吸収率が格段に変わることがわかりました。

そしてコラーゲンサプリなどで使用されるコラーゲンペプチドも同様に、この吸収率を高めるために使用されています。

 

また、コラーゲンを摂っても今まではアミノ酸にまで分解されてしまうと考えられていましたが、近年のコラーゲン研究の中でわかってきているのが、コラーゲンペプチドを摂ることで、アミノ酸(単体)にまで分解されず、アミノ酸が2〜3個結合したトリペプチドやジペプチドの状態のまま吸収され血中に取り込まれることが分かってきました。

 

このことにより、血中に摂り入れられたコラーゲンペプチドは身体の中で、コラーゲン合成に働きかける期待性が持たれており、研究結果ではコラーゲンペプチドを継続摂取することで、肌の水分量が増加したという結果も出てきており、コラーゲンサプリに対する考え方に変化が出てきています。

 

まとめ

コラーゲンペプチドについてご紹介しました。コラーゲンを摂っても吸収率が良くないと効率が良くありません。
そのため、コラーゲン補給を考えた時には食事などから摂るよりもコラーゲンペプチドのサプリを摂る方が効率が良くなり、しかもコラーゲンサポートの期待性が持てます。

 

食事ではコラーゲン合成に必要な栄養をしっかりと補給した上で、コラーゲンペプチドでコラーゲン合成を底上げしてあげるのが、コラーゲンケアのポイントの一つとなりそうです。

 

コラーゲンサプリ人気ランキングはこちら

 

コラーゲンペプチドが摂れるコラーゲンドリンク

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る