コラーゲンパウダー

高純度にこだわりたい方にはコラーゲンパウダーがおすすめ!

コラーゲンパウダー

コラーゲンサプリには形状も様々ですが、コラーゲン自体の含有量や純度という面にこだわりたい時にはコラーゲンパウダーがおすすめです。
料理や飲み物など、何かにプラスすることでコラーゲンを摂ることができ、毎日の食事の中でコラーゲンを摂取できる点では生活の中に取り入れやすい点が多いです。

 

こちらではコラーゲンパウダーのおすすめをランキングでご紹介しています。

 

コラーゲンパウダーおすすめランキング

コラーゲンサプリ

ニッピコラーゲン100の特徴
コラーゲン原料の国内シェアNo.1のニッピから販売されているコラーゲンパウダーです。
食べるコラーゲンをテーマとしていて、パウダー自体は無味無臭、料理や飲み物に混ぜても味を変えずに摂ることができるのが特徴です。

含まれているコラーゲンはコラーゲンペプチドを配合、純度100%で専用スプーン1杯で約5,000mgのコラーゲンが摂れます。
1日目安が専用スプーンで1〜2杯ですので、最大で10,000mgのコラーゲンを摂ることができます。

スプーン1杯で約17kcalと低カロリーで、水にも溶けるため、サッと飲みたい時にも飲みやすいです。
価格
999
評価
評価5
備考
初回限定お試し価格
内容量
約20日分
ニッピコラーゲン100の総評
1日あたりのコスト:通常価格97円
コラーゲン含有量:専用スプーン1杯約5,000mg
カロリー:1日目安量約17kcal

ミルコラ|サントリーウエルネス

ミルコラ|サントリーウエルネスの特徴
活性成分PO・OG含量が多い次世代コラーゲンを配合したコラーゲンパウダーです。

1日分で5,000mgのコラーゲンを摂ることができます。

他にもセラミド、エラスチン、プロテオグリカン、ビタミンCや牛乳由来の成分ガゼインペプチドを配合するなど、女性にとって嬉しい栄養素と共に、コラーゲンと一緒に摂りたい成分も含まれているので、食べ物などに混ぜることなく、水だけで飲むことができます。

味はまろやかでほのかなミルク風味ですので、コーヒーなどとの相性も良いです。
価格
定期コース4,860
評価
評価5
備考
パウダータイプ
通常価格
5,400円
内容量
1箱30包入り1日1包目安 約30日分
ミルコラ|サントリーウエルネスの総評
1日あたりのコスト:通常価格約167円・定期コース約150円(税別)
コラーゲン含有量:1本約5,000mg
カロリー:1本あたり約24.8kcal
Wコラーゲンの特徴
特定ペプチドコラーゲン(P-O・O・G)、自然派高分子コラーゲンの分子サイズの違う2種類のコラーゲンを配合、合計で5,200mgのコラーゲンを摂ることができます。

また、コラーゲンだけでなく、コラーゲンと一緒に摂りたい成分でもあるヒアルロン酸、コンドロイチン、グルコサミン、ビタミンC、無臭ニンニクエキス、食物繊維、オリゴ糖なども含まれているため、何か料理や飲み物に混ぜるというよりもWコラーゲンを水で飲むといった摂り方も可能です。

甘味料、酸味料、香料、保存料、防腐剤不使用の無添加コラーゲンで、開発には大阪医科大学元学長の山中太木医学博士、榎木義祐医学博士が関わったドクターズブランドのコラーゲンパウダーです。
価格
定期コース初回1,980
評価
評価5
備考
パウダータイプ
通常価格
4,860円
内容量
30本1日1本目安、約1カ月分
Wコラーゲンの総評
1日あたりのコスト:通常価格162円・定期コース144円※初月66円
コラーゲン含有量:1本約5,200mg
カロリー:約25kcal

コラーゲンパウダーの主な種類

スティックタイプでそのまま飲めるコラーゲンパウダー

コラーゲンパウダーはそのまま飲めるタイプと料理や飲み物に混ぜて飲むことを想定したタイプがあります。
この二つの違いはパウダー自体に味がついているタイプと無味無臭タイプがあります。

 

手軽さという点では他のコラーゲンサプリと同じく、パウダーを水だけでサッと飲むことができて、ほんのり風味がついているそのまま飲むタイプがおすすめです。
飲みモノや料理に混ぜるという場合、風味自体が付いているタイプは合わせる材料によっては味を変えてしまう場合があるので注意が必要です。

 

料理などにも使用できる無味無臭タイプ

料理や飲み物など、アレンジをして摂りたいと考えている場合には無味無臭タイプのコラーゲンパウダーがおすすめです。
こちらはスティック調味料のような形状もありますが、1袋で販売されていて、使用する時には専用スプーンなどを使用して、お好みの量を入れて摂ることができるサプリもあります。

 

料理や飲み物の味を変えないのが一番の魅力で、自分だけでなく、家族でコラーゲンを摂りたい時などには料理に適量をプラスすることでコラーゲン摂取に役立ちます。

コラーゲンパウダーの選び方

味がついているタイプと無味無臭タイプを決める

味がついているタイプと無味無臭タイプが一般的なので、どのような摂り方をするのかを見越して選ぶのがおすすめです。
味がついているタイプは飲みやすさに配慮している点がありますが、その分、飲みやすくするための他の成分が含まれている場合が多いので、コラーゲンの純度という面ではコラーゲンペプチド粉末のみといった無味無臭タイプの方が1杯あたりの純度は高くなる計算になります。

 

一緒に含まれている成分をチェック

コラーゲン合成などに関わるビタミンCなどが含まれているコラーゲンパウダーはそのまま飲んでも良いですが、純粋なコラーゲンパウダーの場合は料理などと混ぜることで必要な栄養素と一緒にコラーゲンを摂ることができます。

 

コラーゲンはコラーゲンだけでは身体の中で合成されず、アミノ酸、ビタミンCや鉄などが必要になります。
食生活で他の栄養が摂れている場合には良いですが、偏りがちな方の場合は他の栄養素が含まれている方が適している点もあります。

 

人気の成分はビタミンCの他にヒアルロン酸、セラミド、プラセンタなどがあり、他にも体内のコラーゲンの劣化、老化を防ぐ抗酸化成分でもあるポリフェノールが含まれているコラーゲンパウダーなども人気です。

 

また、アミノ酸をプラスして、コラーゲンの他にコラーゲン合成の材料となる成分を含むタイプもおすすめです。

 

1杯あたりのカロリーをチェック

料理や飲み物に混ぜる場合にはカロリーがプラスされます。コラーゲン自体のカロリーは高くはありませんが、一緒に含まれる成分によってはカロリーがプラスされている場合があるので、ダイエットなどボディメイクに取り組んでいる方はチェックした方が良いですね。

 

お試しセットがあるかチェック

コラーゲン特有の匂いや味といった点を感じる場合があり、風味自体が合わない場合があるので、コラーゲンサプリの場合はお試しセットなどがあると安心です。

 

コラーゲンペプチドのパウダーが基本

コラーゲンパウダーはコラーゲンサプリの中では最も純度は高いため、多くのコラーゲンを摂取することができます。
ただし、コラーゲンの分解や吸収という面では通常のコラーゲンでは効率が良くないので、分子サイズがとても小さいコラーゲンペプチドのサプリを選ぶことがおすすめです。

 

最近のコラーゲンサプリに含まれるコラーゲンは、ほぼコラーゲンペプチドが配合されてはいますが、購入前には必ずチェックしたいポイントです。

 

コラーゲン原料をチェック

コラーゲン原料は動物性コラーゲンの豚や鶏など、海洋性コラーゲンであるサケやサメといった種類があります。
何由来のコラーゲンなのかを知ることで、万が一のアレルギー反応を避けるためにコラーゲン原料が記載されている場合にはチェックしたいですね。

 

商品によってはコラーゲンペプチドとだけ記載されている場合もありますので、これを確認したい場合にはメーカーに問い合わせをするのも良いと思います。

 

顆粒タイプか粉末タイプか

コラーゲンパウダーには顆粒タイプが粉末タイプの2種類があります。
顆粒タイプは粉末に造粒加工を施したもので、細かな粉末を固めてまとめることで、小さな粒状にしたものです。サイズ的には0.1〜1mm程度までありますが、顆粒タイプは粉末タイプよりも溶けやすいというのが特徴です。

 

対して粉末タイプは粒子が細かく軽いため、例えば飲みモノに混ぜた時に浮いてしまいやすい(青汁などの粉末を水に入れた時に浮いてくるなど)という特徴があります。
粉薬を飲んだ時に口の中で粉が広がるといった経験をされたことがある方もいるかもしれませんが、これは粒子が細かい粉末のため起こりやすいのが理由です。

 

ただし、粒子が細かい分、分解や吸収のスピードは顆粒よりも早い傾向にあります。

コラーゲンパウダーのメリット・デメリット

コラーゲンパウダーのメリット

  • アレンジ可能な摂り方ができる
  • 無味無臭タイプはコラーゲンの匂いや味が気になる方にも摂りやすい
  • 内容量に対してのコラーゲン純度が高い
  • 添加物の使用量が少ない
  • 価格面でコスパが良く容量が多い傾向

コラーゲンパウダーのデメリット

  • 単体で摂るのに向いていないサプリが多い
  • 何かに混ぜるといった一手間がある
  • 冷たい水などに混ぜると溶けにくい場合がある
  • 匂いや味が気になる場合がある
  • 味が付いている場合の好みによる相性

コラーゲンパウダー(粉末)の溶かし方

コラーゲンパウダー|飲み方

実際にコラーゲンパウダーを飲み始めて感じる不満として口コミでも多いのが、冷たい水や飲み物に混ぜた時に溶けにくいという声です。

サプリによっては水にも溶けやすい加工がされていますが、全てのコラーゲンパウダーがそうとは限りません。

 

コラーゲンパウダーを冷たい水に溶かしたいという場合には

  1. コラーゲンパウダーを先にコップに入れる
  2. 少量の水や飲み物を入れて、一度混ぜる
  3. 粉末同士がまとまりだして混ざってきてから、残りの飲みモノを入れる

これはコラーゲンパウダーだけでなく、粉末タイプの青汁など飲み物に溶かして飲むものにも通じるのですが、粒子が細かいパウダーを飲み物に入れても浮きあがってしまい、ダマになるだけでうまく溶けてくれないことが多いです。

 

そのため、一度、少量の水で粉末自体が広がらないように、水を含ませ混ぜてから残りの水をプラスすることで溶けやすくなります。

 

コラーゲンは熱でも効果が変わらないので、最初にぬるま湯などで溶かしてから水をプラスするのも、方法の一つです。

 

また、上記のような手順で混ぜるのが面倒な時には顆粒タイプのコラーゲンパウダーを選ぶことで、粉末タイプよりも溶けやすくなっています。

 

コラーゲンパウダーの飲み方

購入したコラーゲンパウダー自体の匂いや味が気になってしまった時には、ビタミンCなどが含まれているドリンクなどと一緒に飲むことで、酸味や甘みの効果で匂いや味が気になりにくくなりますし、栄養面的にもコラーゲンとの相性が良くおすすめです。

 

カロリー的に気にならない場合はスポーツドリンクも相性は良いです。

まとめ

コラーゲンパウダー

コラーゲンパウダーは内容量に対するコラーゲン純度の高さや容量に対するコスパの良さが魅力となっていて、人気の理由でもあります。

 

料理や飲み物だけでなく、スイーツにコラーゲンをプラスしたい時などにも使用できるので、料理をされる方にとっては、実に幅広い使い方ができ、コラーゲン摂取にも役立つと言えます。

 

コラーゲンパウダーおすすめランキングへ

 

>> コラーゲンサプリの口コミはこちら

 

>> コラーゲンサプリおすすめランキングTOPページへ


このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る