コラーゲン 食べ物

コラーゲンが多い食べ物一覧

コラーゲンサプリ|コラーゲンが多い食べ物

コラーゲンは食べ物にも多く含まれており、日々の食生活でも補うことができます。
サプリメントでの摂取も良いですが、基本は食生活からコラーゲンやコラーゲンを合成するのに関わる栄養を摂り、不足した分を補うことを意識するのがおすすめです。

 

こちらではコラーゲンが多い食べ物を食材の種類別に一覧でご紹介します。
食事でコラーゲンをしっかりと摂りたい方は参考にしてみてくださいね。

 

コラーゲンが多い食べ物・食材別一覧

肉類100gあたりのコラーゲン量

肉類

コラーゲン量/mg/100g当たり

牛スジ 4980
鶏軟骨(胸) 4000
豚白モツ 3080
鶏砂肝 2320
鶏手羽元 1990
豚レバー 1800
ソーセージ 1570
鶏もも肉 1560
鶏手羽先 1550
鶏骨付きぶつ切り肉 1530
豚スペアリブ 1460
豚細切れ肉 1190
ハム 1120
鶏レバー 860
牛肩肉 750

魚介類100gあたりのコラーゲン量

魚介類

コラーゲン量/mg

フカヒレ 9920
うなぎの蒲焼 5530
ハモ 皮あり 3560
サケ 皮あり 2410
サンマ 皮あり開き 2230
しらす干し 1920
サンマ 皮あり 1820
かつお節 1660
ブリ 皮あり 1620
イカ 1380
イカナゴ 1290
サワラ 皮あり 1280
塩サバ切り身  皮あり 1250
エビ 1150
アサリ 1100
真いわし 1060
サワラ 皮なし 1040
真あじ開き 皮なし 1010
カマス 干物 皮なし 1000
生牡蠣 980
ブリ 皮なし 970
サケ 皮なし 820

食事でのコラーゲン摂取

コラーゲンサプリ|コラーゲン料理

あくまで一例ですが、一般的な食材でコラーゲンが多いと言われるものを挙げてみました。

牛すじやフカヒレはコラーゲン量が豊富ですが、あまり馴染みが無いですが、鶏肉は肉や軟骨にもコラーゲンが含まれているので、野菜などと一緒にお鍋で食べると健康的にコラーゲンやビタミンなどが摂れるのでおすすめです。

 

また、すっぽんも良質なコラーゲン摂れる食材として有名ですね。

 

調味料でも鶏が原料の鶏ガラスープの素などはコラーゲンが多いので、普段の食事に取り入れやすくおすすめです。

 

ゼラチンとコラーゲン

スーパーで販売されているコラーゲンボールなどは、コラーゲンを抽出して熱などで加工することで、分解されやすくした状態を指し、コラーゲン構造がバラバラになった状態です。この状態になると、胃の中で分解され吸収しやすくなります。

 

原料は豚や鶏といった動物由来のコラーゲンが多く、主に皮や骨といったコラーゲンが多い部分を使用して加工しています。

 

日常の料理などに使用する場合には適していますが、これだけでコラーゲンを摂るという点では、熱で溶けてしまったコラーゲンを全て摂るのは大変ですし、吸収効率も良くないので、あくまで補助的なイメージで取り入れ、一緒に食べる食材でコラーゲン合成に必要なアミノ酸やビタミンCといった栄養やタンパク質の分解、吸収に関わるビタミンBを一緒に摂る事を意識するのがポイントです。

 

海洋性コラーゲンも食事から摂取可能

また、動物性コラーゲンだけでなく、フカヒレ、鮭やカニ、エビといった魚類からもコラーゲンの海洋性コラーゲンが摂ることができます。
海洋性コラーゲンは動物性コラーゲンよりも変性温度が低いため、体の中に取り込まれた時の分解が早いことが特徴で、食事などで摂るのも動物性コラーゲンよりも効率良くコラーゲンが摂れるのがメリットです。

 

最近では、マリンコラーゲンといった名前で販売されていることも増えてきました。

 

>>動物性コラーゲンと海洋性コラーゲンの違いとは?
>>コラーゲンの変性とは?

 

コラーゲンは食事だけで補うのが実は大変

コラーゲンサプリ

ただ、コラーゲンは食事だけで補おうとすると意外に大変です。コラーゲンを5,000〜10,000mg摂ろうとしたら、牛すじを約200g、鶏軟骨も200g食べる計算になります。

しかもこれが毎日です。単品の食材だけを食べるのは現実的ではないため、タブレットやドリンクなどのコラーゲンサプリで効率良く補うことが勧められているわけですね。

 

食事ではカロリーなども気にする必要がある方もいると思いますので、コラーゲンが摂れるサプリはカロリーに配慮しているものが多く、さらに吸収されやすいと言われている低分子コラーゲン(コラーゲンペプチド)などを使用して、より効率良くコラーゲンを補える工夫がされているので、毎日でも続けやすいという点がメリットです。

 

食べる機会が少ないすっぽんのコラーゲンを100%使用したサプリ!

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る